お笑い不良漫画『Gメン』の正直レビュー【あらすじ・口コミ】

漫画を買ったりレンタルする前は必ず誰かのレビューを読んでからにしているので、僕も誰かのために漫画レビューします!今回レビューするのはヤンキー・不良漫画をお探しの方にオススメの『Gメン』!

「King & Prince」の岸優太さん主演で、2022年秋に映画が公開されることが決定し話題になりましたが、この青春ヤンキーコメディ…めっちゃくちゃ面白いですよ

では早速、まだ読んだことがない方のために『Gメン』のあらすじ・登場人物紹介と作品レビューを始めます!

スポンサーリンク

『Gメン』の詳細・あらすじ


©小沢としお/秋田書店

作者小沢としお
巻数全18巻(完)
期間2014〜2018年
連載週刊少年チャンピオン
出版秋田書店

4つの女子高に囲まれ、男子校にも関わらず在学中女子に不自由することはないと噂される、私立武華男子高校。

そこに転校した門松勝太は、自分にも彼女ができると信じて意気揚々と登校する。

しかし勝太が編入することになった1年G組は、周囲の女子高から避けられるほどの超問題児ばかりを集めたクラスで…。

ネタバレちょっとだけ注意

できるだけネタバレは避けてますけど、ここから下はものすご〜く軽いネタバレも混ざってるので「ちょっとでもネタバレは困る!」って人は早速『Gメン』の無料試し読みをどうぞ!
» ebookjapanで無料試し読み(初回50%OFFクーポン付き)

『Gメン』の登場人物

門松 勝太(かどまつ しょうた)


©小沢としお/秋田書店

本作の主人公。編入したG組だけが武華高の中でモテないことを知り絶望するも、なんとか彼女を作ろうと奮闘する。

見た目からは想像つかないが、女の子を助けた際に向かってきたヤンキー3人を一瞬でボコってしまうほど喧嘩が強い。

梅田 真大(うめだ まさひろ)


©小沢としお/秋田書店

先生と間違われるほど老けている、武華1年G組の生徒。瀬名とは中学が同じだったが何かあったらしい。

過去に八代省吾の兄貴の手下たちにリンチされ、病院送りにされた。

薙 竜二(なぎ りゅうじ)


©小沢としお/秋田書店

武華1年G組の生徒で、硬派な武闘派。オタクの肝田とは言い合いばかりだけどなんだかんだ仲良し。

「○○戦争勃発じゃー!!」が口癖。

肝田 茂樹(きもた しげき)


©小沢としお/秋田書店

武華1年G組の生徒。超がつくほどの変わり者でオタク。

喋り方もかなり独特だが、クラスのヤンキーたちとは普通に仲良しでG組に馴染んでいる。

八代 省吾(やしろ しょうご)


©小沢としお/秋田書店

武華1年E組の生徒。兄貴が武華のアタマなのでやりたい放題していた所、主人公・勝太にボコられる。

兄貴に頼んで勝太に復讐しようと企む。

瀬名 拓美(せな たくみ)


©小沢としお/秋田書店

武華1年A組の生徒。常に女子高生に囲まれている超モテ男で、勝太に弟子入り志願される。

人を見た目で判断しなかったりと中身まで完璧だが、実は喧嘩がかなり強くキレると手がつけられない。

葉山 優菜(はやま ゆうな)


©小沢としお/秋田書店

瀬名の周りにいる女子高生の中の1人。

瀬名と常に行動するようになった勝太と、急接近する。

『Gメン』の個人的感想・レビュー

作者の小沢としお先生の大ヒットヤンキー漫画『ナンバMG5』が大好きでこの作品も読み始めたのですが、甲乙つけがたいほど面白い!!!

ナンバに比べるとギャグが激増していて、ヤンキー漫画というより青春ヤンキーコメディって感じですけど、ヤンキー漫画好きにもギャグ漫画好きにも胸を張ってオススメできる作品ですね!

ちなみに、この漫画を読んで魅力的だなと思った所は特に下記の2点でした。

  1. 喧嘩あり、笑いあり、恋愛あり
  2. 仲間たちのやり取りに心がホッコリ

喧嘩あり、笑いあり、恋愛あり


©小沢としお/秋田書店

数々のヤンキー漫画をヒットさせてきた小沢先生の作品なだけあって、不良・ヤンキー漫画好きも大満足の、喧嘩シーンや王道展開が満載!

その上、ギャグ漫画かと思うほど笑えるシーンが散りばめられているので、ヤンキー漫画としてだけでなく、ギャグ漫画としても楽しめます!

更に…!そもそも彼女を作るというのが主人公の目的なので、女の子たちとの出会いや別れが時に涙を誘うんですよね。1度で3度おいしい…そんな作品ですね。

仲間たちのやり取りに心がホッコリ


©小沢としお/秋田書店

非情なキャラも敵としては沢山でてきますが、主人公・勝太の周り…特にG組のメンツがいい奴だらけ!!!

基本、喧嘩好きのヤンキーなら同じようなヤンキーとだけ一緒にいそうじゃないですか?なのに勝太の周りは見た目で人を判断しない人間ばかりなんです。

そんな心優しい仲間たちが、本気で彼女を作ろうと必死になる姿を見ると、笑いながらも心から応援したくなりますね(最終回もすっごく心温まります)!

ネットにある『Gメン』の口コミ

SNSや電子書籍サイトにある、実際に『Gメン』を読んだ人の口コミ・コメントをまとめてみました。

電子書籍サイトでの1巻の評価(2022年5月9日更新情報)

  • Amazon:星5つ中4.4 (62件の評価)
  • ebookjapan:星5つ中4.2 (39件の評価)

好意的な意見のまとめ

  • 不良漫画は読まないけど、この作品はギャグも多くて読みやすい
  • この方のマンガのストーリー展開が好き
  • この作品は久々のヒットの予感
  • 小沢先生の今までの作品より笑わせてもらっています
  • 安心の小沢テイストな良作
  • 爆笑回が多く、泣ける話もあります

ネガティブな意見も探したのですが、全く見つけられず…びっくりするほど好意的な意見ばかりでした!

普通どんな面白くても、1つくらいはネガティブな意見あるはずなんですけどね。。。

えもやん(管理人)
えもやん(管理人)
基本、男子高のノリなので下ネタは多めになってしまいます。そこが気になる人だけは注意してくださいね。

『Gメン』のまとめ

不良・ヤンキー漫画『Gメン』のあらすじ・登場人物紹介と作品レビューをしましたが、いかがでしたでしょうか?

もしこの記事で興味を持って、作品を読んだら、Twitter(@emoyan_stone)からでも感想を頂けたら嬉しいです!

それにしても、映画で主人公の勝太を演じることになったキンプリの岸君…Gメン1巻表紙の勝太にそっくりだな…。久々に実写化が楽しみ!

Gメン

作者小沢としお
巻数全18巻(完)
期間2014〜2018年
出版秋田書店

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

-漫画, 漫画レビュー

Copyright© Emo Stone , 2022 All Rights Reserved.