【世界のスター】Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)のおすすめ曲10選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です。

R&B・ファンク・ソウル・レゲエ・ヒップホップ・ロックなどの様々なジャンルを取り入れた楽曲で世界を席巻してきた、2010年代最強のスーパースター、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)。

この記事では彼の事をまだあまり知らない人、つまり「ブルーノ・マーズ初心者」のために、おすすめの「クールな7曲」と「バラード3曲」の合計10曲を紹介します。

えもやん
えもやん
その中でも特に下記の3曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. Treasure ←クール
  2. Uptown Funk ←クール
  3. Just the Way You Are ←バラード

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)とは

ハワイ出身のシンガーソングライター兼プロデューサー兼ダンサー。

幼少期からエルヴィス・プレスリーの物真似をしてTVに出演したりするほどの根っからのエンターテイナーでしたが、高校卒業後はプロデューサーチームを作って、その中の一人として有名になりました。

その後2010年に自らもシンガーとしての活動を本格的に開始して、デビューシングルとセカンドシングルが共に全米4週連続1位と、いきなり大ヒット。
それ以降も、グラミー賞を獲得しまくるなど、世界のスターの仲間入りを果たしました。

ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)のクールなおすすめ7曲

Treasure

収録Unorthodox Jukebox(2ndアルバム / 2012年)
制作作詞・作曲 - Bruno Mars / Philip Lawrence / Ari Levine / Phredley Brown / Thibaut Berland / Christopher Khan

1980年代のマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)を思い出させてくれるような、ディスコ・ファンク・ソウルのいいとこ取りをしたレトロなナンバー。小気味いいベースのスラップと、ブルーノの歌声が最高に気持ちいいです。

フランスのDJ、ブレイクボット(Breakbot)の曲「Baby I'm Yours」に似ていますが、実際にこの曲からインスピレーションを受けたそうですので聴き比べてみてください。

Uptown Funk

収録UpTown Special(マーク・ロンソンのアルバム / 2015年)
制作作詞・作曲 - Mark Ronson / Jeff Bhasker / Bruno Mars / Philip Lawrence / Devon Gallaspy / Nicholaus Williams / Lonnie Simmons / Ronnie Wilson / Charles Wilson / Rudolph Taylor / Robert Wilson

イギリスのDJマーク・ロンソン(Mark Ronson)とのコラボ曲で、こちらも1980年代のファンクミュージックの影響を受けた最高にテンションの上がる明るい楽曲です。

シンプルな楽曲ですし、超売れっ子アーティストの共作ということでパパッとできたのかと思いきや、完成までにかなりの時間を費やしたよう。なかなか上手くいかずに、途中で企画が飛んでしまう可能性もあったとか・・・(汗)

Chunky

収録24K Magic(3rdアルバム / 2016年)
制作作詞・作曲 - Bruno Mars / Philip Lawrence / Christopher Brody Brown / James Fauntleroy

シンセを多用した、ミドルテンポのエレクトロファンクな楽曲。かなりセクシーでファンキーです。

歌詞は簡単に言うと、いい体した理想の女の子をナンパしてる様子が書かれているのですが、曲調にメチャクチャ合ってます(笑)

That's What I Like

収録24K Magic(3rdアルバム / 2016年)
制作作詞・作曲 - Bruno Mars / Philip Lawrence / Christopher Brody Brown / James Fauntleroy / Johnathan Yip / Ray Romulus / Jeremy Reeves / Ray Charles McCullough II

ニュージャックスウィングの影響を感じる楽曲で、2分25秒あたりからの始まるパートの終盤での、ブルーノの高音域が最高に気持ちいい。

話題になった、シンプルなのにメチャクチャおしゃれでアイディア満載のMVにも注目です。

Finesse

収録24K Magic(3rdアルバム / 2016年)
制作作詞・作曲 - Bruno Mars / Philip Lawrence / Christopher Brody Brown / James Fauntleroy / Johnathan Yip / Ray Romulus / Jeremy Reeves / Ray Charles McCullough II

R&Bとニュージャックスウィングの影響を受けた、最高にクールな楽曲です。

アメリカを代表する女性ラッパーであるカーディ・B(Cardi B)をフィーチャーしたリミックスバージョンもおすすめなので、こちらも是非聴いてください。

24K Magic

収録24K Magic(3rdアルバム / 2016年)
制作作詞・作曲 - Bruno Mars / Philip Lawrence / Christopher Brody Brown

ホースをくわえて演奏する楽器用のエフェクター「トーキング・モジュレーター(トーク・ボックスとも言う)」を使ったイントロが印象的。

タイトル負けしない、最高に煌びやかで人を楽しくさせる力を持っている楽曲です。

Locked Out of Heaven

収録Unorthodox Jukebox(2ndアルバム / 2012年)
制作作詞・作曲 - Bruno Mars / Philip Lawrence / Ari Levine

2ndアルバムのリード曲としてリリースされた、レゲエ・ロックな盛り上がる一曲。

The Policeに影響を受けた曲で、ちゃっかりスティングとこの曲で共演しているのですが、めちゃくちゃいいコラボになってます。

ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)のバラードのおすすめ3曲

Just the Way You Are

収録Doo-Wops & Hooligans(1stアルバム / 2010年)
制作作詞・作曲 - Bruno Mars / Philip Lawrence / Ari Levine / Khalil Walton / Khari Cain

デビューシングルにして2011年のデジタル・シングルの中で最も売れたシングルとなったブルーノの代表曲。

曲は当然素晴らしいのですが、これまたMVが秀逸なので是非一度見てください。

Versace on the Floor

収録24K Magic(3rdアルバム / 2016年)
制作作詞・作曲 - Bruno Mars / Philip Lawrence / Christopher Brody Brown / James Fauntleroy

1990年代のスロージャムを彷彿とさせる、しっとり優しいR&B。

「ヴェルサーチ」と言うだけあって、色気たっぷりなブルーノの歌声に惚れ惚れしてしまいます(MVのゼンデイヤもめちゃくちゃ綺麗なので要チェック)。

When I Was Your Man

収録Unorthodox Jukebox(2ndアルバム / 2012年)
制作作詞・作曲 - Bruno Mars / Philip Lawrence / Ari Levine / Andrew Wyatt

ブルーノのピアノ伴奏と歌声だけで聴かせる、純度100%の失恋ソング

サウンドがシンプルであればあるほど、彼のエモーショナルな歌声が心に響きますね。

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

マルーン5(Maroon5)

ジャミロクワイ(Jamiroquai)

チャーリー・プース(Charlie Puth)

ISSA

まとめ

えもやん
えもやん
ブルーノ・マーズのオススメ曲、全10曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

今では世界的にも超貴重な歌って踊れて曲まで作れるアーティストなので、これからもガンガン世界の音楽シーンを引っ張って、賑わせて欲しいですね。

-必聴(洋楽編), 音楽
-, ,

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.