【超必聴】3 Doors Downのおすすめ曲10選

低音域のみで聴かせるなんとも言えない魅力的な歌声と叙情的なメロディで、アメリカのロックシーンのトップにまで登りつめたバンド、3ドアーズ・ダウン(3 Doors Down)。

この記事では彼らの事をまだあまり知らない「3ドアーズ・ダウン初心者」のために、よくある人気曲・代表曲ランキングとは違う僕個人がオススメする曲を紹介していきますので、是非お気に入りの曲を見つけてください。

えもやん(管理人)
えもやん(管理人)
その中でも特に下記の3曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. Here Without You
  2. Sarah Yellin
  3. It's Not Me

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

3ドアーズ・ダウン(3 Doors Down)とは

2000年にデビューをしたアメリカのロックバンド。

最初のシングルである「Kryptonite」でいきなり人気に火がつきました。その後、デビューアルバム、2ndアルバムと順調に売り上げを伸ばしていき、世界中で名声を獲得。

アルバム合計で3000万枚以上の売り上げを誇るモンスターロックバンドに成長しました。

3ドアーズ・ダウン(3 Doors Down)のおすすめ10曲

Here Without You

収録Away from the Sun(2ndアルバム / 2002年)
The Greatest Hits(ベストアルバム / 2012年)
制作作詞・作曲 - 3 Doors Down

これぞ、3ドアーズ・ダウン!という感じの、ミドルテンポの壮大なロックバラード。

彼らにとって最も人気の高い曲であることに、誰もが納得できてしまうほど感動的な曲で、ブラッド・アーノルドの低音域に特化した渋い歌声と、切ないメロディが心を揺さぶります!

Sarah Yellin

収録Away from the Sun(2ndアルバム / 2002年)
制作作詞・作曲 - Brad Arnold / Matt Roberts / Todd Harrell

メタリカを彷彿とさせるグルーヴィーなリフで開幕する、3ドアーズ・ダウンの作品の中でも一二を争うほどの、ハードな一曲。1stアルバムからの3ドアーズ・ダウン好きとしてはかなり驚きの激しさなのですが、めちゃくちゃ格好いいです!

この人たちには、もっとこういう曲もやって貰いたいですね。

It's Not Me

収録Seventeen Days(3rdアルバム / 2005年)
制作作詞・作曲 - 3 Doors Down

ミドルテンポのロックナンバーで、やはりヴォーカルの歌声とメロディが映える一曲ですね。

2分44秒から始まる、大サビの入り方が最高。ここからの約20秒をひたすらリピートしたくなるほどハマりました(笑)

Better Life

収録The Better Life(1stアルバム / 2000年)
制作作詞 - Brad Arnold
作曲 - 3 Doors Down

冒頭からハードロック色バリバリの一曲。エンディングの盛り上がらせ方は流石の一言です。

ちなみにこのアルバム、ヴォーカルのブラッドが全曲ドラムを叩いております・・・。当時ドラムがいないからって、ヴォーカルが叩けるからって、大事なデビューアルバムでドラマー以外が叩くなんてありえないですよね(笑)

Pop Song

収録Away from the Sun(2ndアルバム / 2002年)
制作作詞・作曲 - 3 Doors Down

続いて紹介するのは2ndアルバム『Away from the Sun』の日本限定版にのみ収録されているボーナストラック「Pop Song」。怪しいイントロから始まるメタル色の強い一曲!

なんでボーナストラックなんだ!おかしいだろう!!と怒りたくなるくらい格好いいです。同じアルバムに収録されている「Sarah Yellin」と遜色ないレベルですね。

Live For Today

収録Seventeen Days(3rdアルバム / 2005年)
制作作詞・作曲 - 3 Doors Down

激しいイントロから一気に落ち着いたヴァース。そして少しづつ少しづつ盛り上げてからの・・・サビでの荒々しい歌い方にヤられます

彼らはやはり陰のある曲がよく合いますね。

Right Where I Belong

収録Seventeen Days(3rdアルバム / 2005年)
制作作詞・作曲 - 3 Doors Down

3ドアーズ・ダウンにしては珍しく、アルバムの一曲目を飾るに相応しいスピーディーな楽曲です。

曲構成もギターソロの感じも全部ベタなんですけど、やっぱり歌声に特徴があるので、普通のロックをやっても、その辺のロックバンドとは一味違って聴こえるのは流石ですよね。

When I'm Gone

収録Away from the Sun(2ndアルバム / 2002年)
The Greatest Hits(ベストアルバム / 2012年)
制作作詞・作曲 - 3 Doors Down

哀愁漂いまくりなギターの音色からのブラッドの切ない歌声の入りがグッときます!

静かなところがあるからこそ、コーラスとギターソロのハードさに感情が揺さぶられますね。

Kryptonite

収録The Better Life(1stアルバム / 2000年)
The Greatest Hits(ベストアルバム / 2012年)
制作作詞 - Brad Arnold
作曲 - 3 Doors Down

デビューシングルなのですが、この曲がきっかけで人気になったと言っても過言ではない、彼らの代表曲!

ちなみにこの曲、ヴォーカルのブラッド・アーノルドが15歳の時に数学の授業で書いたものらしいです。とんでもない才能(汗)

It's Not My Time

収録3 Doors Down(4thアルバム / 2008年)
The Greatest Hits(ベストアルバム / 2012年)
制作作詞・作曲 - Brad Arnold / Matt Roberts / Todd Harrell / Chris Henderson

彼らお得意の、ミドルテンポの激渋いロック

歌い出しを聴いただけで名曲だってわかるくらい、メロとブラッドの歌声の絡みが素晴らし過ぎます。。。

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

シャインダウン(Shinedown)

ニッケルバック(Nickelback)

シーザー(Seether)

まとめ

えもやん(管理人)
えもやん(管理人)
3ドアーズ・ダウンのオススメ曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

なぜかこの手の「ザ・アメリカンロックバンド」は日本では知名度が今ひとつ。。。

しかし、知ってさえもらえれば、もっと日本でも人気が出ると思いますので、もし彼らを気に入ってくれたなら、周りに教えてあげてください!(笑)

-必聴(洋楽編), 音楽
-

Copyright© Emo Stone , 2021 All Rights Reserved.