【必聴】Nickelback(ニッケルバック)のおすすめ曲6選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です!!

世界中で5000万枚以上のアルバムを売り上げ、カナダで最も商業的に成功しているロックバンド、ニッケルバック(Nickelback)!

この記事では彼らの事をまだあまり知らない人、つまり「ニッケルバック初心者」のためにおすすめ曲を6曲紹介します!

えもやん
えもやん
その中でも特に下記の3曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. Because of You
  2. This Means War
  3. Just For

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

ニッケルバックとは

1999年にメジャーデビューし、2001年に発表したシングル「How You Remind Me」が大ヒット。

その曲が入ったアルバムは全世界で1,000万枚を超える売り上げを記録しました。

そして、2009年にはビルボードが「ここ10年間で最も成功したロックバンド」にランク付けしたほどの人気を誇ります。

ニッケルバックのおすすめ6曲

Because of You

収録The Long Road(4thアルバム / 2003年)
制作作詞 - Chad Kroeger
作曲 - Nickelback

まず最初に紹介するのは、4thアルバム『The Long Road』収録の「Because of You」。

ザクザクッとパンテラばりの強力なリフで始まりを告げ、「ロックをするための喉をもつ男・チャド」の激しくもメロディアスな歌声で聴く人を絶頂させてくれます!
2分頃からの展開も、メタル好きにはたまりませんので、是非聞いてみてください。

激しい曲ですが、絶妙に聴きやすい音なので、ソフトなロック好きの人にも余裕でオススメできます。
もしかしたらこの曲でメタルに目覚める人もいるのでは・・・?

This Means War

収録Here and Now(7thアルバム / 2011年)
制作作詞・作曲 - Chad Kroeger

フェードインしてくるギター・・・・そして・・・ドンッ!!!と突然、ヘヴィーなバンドサウンドが体を揺らしてきます。
本当にこのバンドの1曲目というのは、ファンの期待を絶対に裏切らないですね。

相変わらずメタル好きと言うか・・・メタリカ好きのツボを抑えてくる、曲展開にヨダレが止まりません。
MVのチャドの立ち姿を見るともろにメタリカのジェイムズ・ヘットフィールドですしね(笑)

Just For

収録Silver Side Up(3rdアルバム / 2001年)
制作作詞 - Chad Kroeger
作曲 - Nickelback

ニルヴァーナ(Nirvana)の「Smells Like Teen Spirit」のギターリフを更にヘヴィーにした様なリフから始まる・・・というと安っぽく聴こえてしまいそうですが、そんなことはありません。

グランジ的な陰鬱な空気感と骨太ハードロック・メタルサウンドの掛け合わせは当たり前といえば当たり前ですが、一言「最高」!
そこにチャドの男らしいしゃがれた歌声が乗っかるのですから、格好いいに決まってます(笑)

Feed the Machine

収録Feed the Machine(9thアルバム / 2017年)
制作作詞 - Chad Kroeger
作曲 - Nickelback

ヴォーカルのチャドが喉を手術した後の最初のアルバムということもあり、どんな曲が出るのか心配をしていましたが、そんな心配は軽く吹き飛ばされました。

ニッケルバックらしい、ヘヴィーでタイトなリフから始まり、チャドの男気溢れる歌声で最後まで盛り上げてくれる1曲です。

Flat on the Floor

収録The Long Road(4thアルバム / 2003年)
制作作詞 - Chad Kroeger
作曲 - Nickelback

前作のアルバムが世界中で1000万枚を超える大ヒット作品となったのですが、そのプレッシャーを全く感じさせません。
「これが今の俺たちだ!聴け!!」と言わんばかりに、滅茶苦茶アグレッシブなオープニング曲になっています。

2分ほどの驚くほど短い曲ですが、無駄がなく濃厚な曲なので、体感では1分ほどで終わってしまう様に感じます(笑)

Side of a Bullet

収録All The Right Reasons(4thアルバム / 2005年)
制作作詞 - Chad Kroeger
作曲 - Nickelback

最後に紹介するのはNickelbackで1番売れている(なんと世界で1200万枚!)5thアルバム『All The Right Reasons』に収録されている「Side of a Bullet」です。

パンテラのダイムバッグ・ダレルがライブ中にファンに射殺された事件のことを歌っていますが、圧倒的な怒りの感情がチャドの歌声からも演奏からもダイレクトに伝わってきます。

特筆すべきは、2分頃から始まるギターソロ!
なんと・・・ダイムバッグ・ダレルの演奏です(パンテラのアルバム『Vulgar Display of Power』と『Far Beyond Driven』でのアウトテイクを組み合わせたもので、この曲のためにダレルの兄ヴィニー・ポールから譲り受けたそうです)。

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

シャインダウン(Shinedown)

シーザー(Seether)

3ドアーズ・ダウン(3 Doors Down)

パパ・ローチ(Papa Roach)

まとめ

えもやん
えもやん
ニッケルバックのオススメ曲、全6曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

今回は激しい曲ばかりを紹介しましたが、彼らの魅力はこれだけではありません!!

次は「メロディアス」なオススメ曲のみを紹介したいと思いますので、そちらも是非チェックして見てください!

-必聴(洋楽編), 音楽
-,

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.