【スクリーモの原点】The Used(ザ・ユーズド)のおすすめ曲7選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です。

その激しすぎるスクリームでライブ中に吐いてしまったほどの、激情型ヴォーカリストのバート・マクラッケン(Bert McCracken)率いるアメリカのバンド、ザ・ユーズド(The Used)。

この記事では彼らの事をまだあまり知らない人、つまり「ザ・ユーズド初心者」のためにおすすめ曲を7曲紹介します。

えもやん(管理人)
えもやん(管理人)
その中でも特に下記の3曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. Maybe Memories
  2. Cry
  3. The Ripper

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

ザ・ユーズド(The Used)とは

2002年にデビューしたアメリカのバンド。

衝撃的なデビュー作は、いきなり世界中で100万枚以上を売り上げ、数々のバンド(主にスクリーモ)に影響をもたらしました。

特にヴォーカルのバートの、命を削っている様なスクリームは、他に類を見ないほどの激しさで、人々を熱狂させます。

ザ・ユーズド(The Used)のおすすめ7曲

Maybe Memories

収録The Used(1stアルバム / 2002年)
制作作詞・作曲 - The Used

この叙情的なメロこそがエモ!そしてこのバートのブチ切れスクリームこそがスクリーモなんです。

間違いなくスクリーモを代表する一曲。是非、こちらのライブ映像も見てください。ぶっ飛びますよ。

Cry

収録Imaginary Enemy(6thアルバム / 2014年)

普通にメロディもいいですし格好いい曲ですが、本来ですと、それだけだと他にもオススメしたい曲はいくつもありました。では何故この曲をオススメしたいのか・・・それは2分20秒からの展開を聴いて欲しいから

まさかの展開に「おぉ!」とつい声が出てしまいました(笑)そこだけでもロック好きなら聴く価値があります。

The Ripper

収録Lies for the Liars(3rdアルバム / 2007年)
制作作詞・作曲 - The Used

このバンドのリフのセンスは、他のエモ・スクリーモバンドに比べて群を抜いていいのですが、それはこの曲のリフを聴いたら納得してもらえるはず。

Put Me Out

収録Vulnerable(5thアルバム / 2012年)
制作作詞・作曲 - John Feldmann

冒頭の、メタル好きも唸らせる様なリフから、ガシッと心を鷲掴み。

年々スクリームが減ってきたとは言え、やはり激しい曲ではしっかりとスクリームしてくれているので、安心して頭を振りながら聴けますよ。

Take It Away

収録In Love and Death(2ndアルバム / 2004年)
制作作詞・作曲 - The Used

20秒から、まるで爆発の様な衝撃で演奏が始まるのですが、とにかく全員テンションが高い。

この曲が一曲目のライブを動画で見てことがあるのですが、音源よりも迫力あってビビりました。さすが世界で活躍するバンドはレベルが違う!

Pretty Handsome Awkward

収録Lies for the Liars(3rdアルバム / 2007年)
制作作詞・作曲 - The Used

めっちゃポップなのに、めっちゃ激しい。終始、スクリーム混じりで歌うバートの勢いに確実にヤられます。

ちなみにこちらの曲は、映画トランスフォーマーのサウンドトラックに収録されています。

Sound Effects and Overdramatics

収録In Love and Death(2ndアルバム / 2004年)
制作作詞・作曲 - The Used

間違いなく、ザ・ユーズド史上、1番重い楽曲

バートのスクリームにはなんども驚かされてきましたが、特にこの曲のコーラス時のスクリームは、本当とんでもないレベルです・・・。人間が出せる声とは思えないです。

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

ストーリー・オブ・ザ・イヤー(Story of the Year)

セイオシン(Saosin)

フューネラル・フォー・ア・フレンド(Funeral for a Friend)

まとめ

えもやん(管理人)
えもやん(管理人)
ザ・ユーズドのオススメ曲、全7曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

スクリーモという狭い枠に閉じておくのは失礼なほど、ど直球に格好いいバンドなので、ここで紹介した曲以外も是非聴いてみてください!

-必聴(洋楽編), 音楽
-

Copyright© Emo Stone , 2021 All Rights Reserved.