【日本の宝】DA PUMP(ダ・パンプ)のおすすめ曲10選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です。

デビューしてから約20年の間で2度も一斉を風靡した、絶対的センターISSA率いる日本代表ダンス&ボーカルグループDA PUMP(ダ・パンプ)。

この記事では彼らの事をまだあまり知らない人、つまり「DA PUMP初心者」のためにおすすめの「新体制の曲」と「セルフプロデュース期の曲」と「4人体制(初期)の曲」の合計10曲を紹介します。

えもやん
えもやん
その中でも特に下記の4曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~ ←新体制
  2. Like This ←セルフ
  3. GET ON THE DANCE FLOOR ←セルフ
  4. ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~ ←初期

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

DA PUMP(ダ・パンプ)とは

1996年、沖縄アクターズスクール出身の4人が出会い結成されたDA PUMP。

デビューしてすぐに大ブレイクしましたが、メンバーの相次ぐ脱退などで低迷し、大量のメンバー追加をしましたが、露出は減ってしまいました。

しかし唯一無二の歌声とルックスそしてダンススキルを持ったISSAが、唯一のオリジナルメンバーとして先頭に立ち、2018年「U.S.A.」で不死鳥の如く蘇りました!

新体制のおすすめ4曲

P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~

収録P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~(31thシングル / 2019年)
制作作詞 - shungo.
作曲 - Drew Ryan Scott / MASAT

まず最初に紹介するのは、31thシングルの「P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~」。

再ブレイクで勢いに乗ったDA PUMPが送る、メロディもダンスもMVも全てが楽しさ全開のサマーソング!

「U.S.A.」で話題になったTOMOさんによる振り付け(バイーンダンスなど)が、子供も踊りたくなってしまいそうなくらいめちゃくちゃポップで素敵です。

Can't get your love

収録Can't get your love/if... arekarabokura(27thシングル / 2011年)
制作作詞 - Nana Tanimura
作曲 - ZETTON / ERIK LIDBOM / FAST LANE(SINISTA)

俺以外にこの曲歌えるやついないだろ?!!」と言わんばかりのISSAさんの高音サビから始まるクールなダンスチューン!

ありえないくらいキーが高くて、カラオケで歌おうとしてもまず男では歌えません(笑)それなのに、踊りながらこれを歌えてしまうISSAさんって・・・化け物ですね本当に。

SUMMER RIDER

収録SUMMER RIDER(26thシングル / 2009年)
制作作詞 - SASA / KEN
作曲・編曲 - SASA

タイトル通り、夏にピッタリな軽快なサマーチューンで、ISSAの高音が清々しいサウンドに合いまくり

MVは、「U.S.A.」の大ヒットで広く知られるようになった新メンバーが、初々しく映っているので必見です(笑)

New Position

収録New Position(28thシングル / 2014年)
THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP(ベストアルバム / 2018年)
制作作詞・作曲 - m.c.A・T

前作から3年半のシングルなのですが、何と言っても注目したいのは、新体制になってから初めての「m.c.A・T」こと富樫明生さんが作った曲だということ!やっぱりm.c.A・TのメロディとISSAさんの歌声はよく合いますね。

振り付けをメンバーがパートごとにそれぞれ考えたそうで、MVは見ごたえたっぷり!

4人体制(セルフプロデュース期)のおすすめ4曲

Like This

収録Like This(22thシングル / 2005年)
LEQUIOS(6thアルバム / 2005年)
Da Best of Da Pump 2 plus 4(ベストアルバム / 2006年)
制作作詞・作曲 - KEN
編曲 - KEN / YUKINARI

ストリングスが目立つ、上品ながらも怪しさ満点のトラックに、いきなりやられます。
そして更に、日本が誇る天才ヴォーカリストISSAさんの歌声で美メロなサビを聴かせつつ、KENさんのイカついラップでリスナーのテンションを一気にぶち上げてくれます!

セルフプロデュースの曲は悔しいくらいに知名度が低い曲ばかりですが、こんな格好いい曲があるんだということを多くの人に知って欲しいですね。

GET ON THE DANCE FLOOR

収録GET ON THE DANCE FLOOR(20thシングル / 2004年)
疾風乱舞 -EPISODE II-(5thアルバム / 2004年)
Da Best of Da Pump 2 plus 4(ベストアルバム / 2006年)
制作作詞 - DA PUMP
作曲 - DA PUMP / SOTARO@ZZ
編曲 - ZZ

ファンキーサウンドに軽快なラップ、そして我らが大将ISSAさんの海外勢にも負けない力強い歌声。非の打ちどころのない、完璧なファンキーソングです!

うーん・・・セルフプロデュース時代の作品が素晴らしすぎるのに、全然知られていなくて辛い。

琉STYLE


↑再生ボタンをクリックすると、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録Circle of Life(19thシングル / 2003年)
疾風乱舞 -EPISODE II-(5thアルバム / 2004年)
制作作詞・作曲・編曲 - DA PUMP

タイトルからわかる通り、沖縄感を前面に出していますが、これがめちゃくちゃ格好いいんです。

三線の音がクールなトラックにめちゃくちゃ上手くのっていて、和の音楽の可能性を広げてくれたように感じます。

Night Walk

収録Night Walk(18thシングル / 2003年)
疾風乱舞 -EPISODE II-(5thアルバム / 2004年)
Da Best of Da Pump 2 plus 4(ベストアルバム / 2006年)
制作作詞・作曲 - DA PUMP
編曲 - KEIJI MATHUMOTO

ジャジーで都会的でアダルティーなトラックに、KENのラップとISSAの歌声が絡む。これだけでドキドキが止まらなくなります

何度も言いますけど、セルフプロデュース作品よ・・・もっと評価されてくれっ!

4人体制(初期)のおすすめ2曲

ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~

収録ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~(4thシングル / 1998年)
EXPRESSION(1stアルバム / 1998年)
THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP(ベストアルバム / 2018年)
制作作詞・作曲 - m.c.A・T

DA PUMPをプロデュースしていたm.c.A・Tのカバー曲で、間違いなく初期DA PUMPの代表曲の1つです(新体制になってからもTVでよく歌われているので知ってる人も多いですかね)!

カバーとは思えないほど、完全に自分の歌にしているISSAさんですが、この時まだ19歳!?天才は若い頃から別格ということがよく分かります・・・。

Joyful

収録Joyful(7thシングル / 1999年)
Higher and Higher!(2ndアルバム / 1999年)
THANX!!!!!!! Neo Best of DA PUMP(ベストアルバム / 2018年)
制作作詞・作曲 - m.c.A・T

最後に紹介するのは、7thシングル「Joyful」。

DA PUMPといえばダンスとラップというイメージがあると思いますが、この曲はシングルとしては初めてラップを無しにしたミディアムテンポの楽曲です!

ゴスペル的なノリとISSAさんの伸びやかな歌声が気持ちよくマッチしていて、聴いているとハッピーにな気持ちになりますね。

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

歌って踊れるおすすめアーティスト

ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)

Jewel(J☆Dee'Z)

安室奈美恵

まとめ

えもやん
えもやん
DA PUMPのオススメ曲、全10曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

最近では、「U.S.A.」のヒットに関連して、昔のDA PUMPの曲をテレビで聴く機会も増えてきました。

僕は昔の売れた曲も全て好きですし、またISSAさんの歌声を当たり前のようにテレビで聴けるのは嬉しいですが、もっともっと格好いい曲は沢山あるということを伝えたいです!

これをきっかけに、有名ではない曲にも耳を傾けてもらえたら幸いです!

-必聴(邦楽編), 音楽
-

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.