Lostprophets(ロストプロフェッツ)のおすすめ曲9選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です!!

飛び抜けたメロディセンスと、メタルとポップを高次元で融合させたサウンドで幅広いファンを獲得したUKバンド、ロストプロフェッツ(Lostprophets)!

この記事では彼らの事をまだあまり知らない人、つまり「ロストプロフェッツ初心者」のためにおすすめ曲を9曲紹介します!

えもやん
えもやん
その中でも特に下記の3曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. Shinobi vs. Dragon Ninja
  2. We Still Kill the Old Way
  3. Bring 'Em Down

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

ロストプロフェッツ(Lostprophets)とは

ウェールズ出身のバンドで、2000年にデビュー。

ニューメタルやハードロック的なアグレッシブなリフの曲もあれば、誰もが歌いたくなるような上質なポップソングもあるのが特徴です。

UKだけでなく、アメリカや日本など世界中で売れましたが、2012年にヴォーカルの逮捕により、解散となりました。

ロストプロフェッツ(Lostprophets)のおすすめ9曲

Shinobi vs. Dragon Ninja

収録The Fake Sound of Progress
リリース年2000年
動画YouTubeで検索

まず最初に紹介するのは、デビューアルバム『The Fake Sound of Progress』収録のキラーチューン「Shinobi vs. Dragon Ninja」です!

タイトルは訳が分かりませんが、聴けばハマる可能性大な、彼らの名刺がわりの一曲!!
イアン・ワトキンスのヘタウマな癖のある歌声も中毒性抜群です!!!

ちなみにタイトルですが、「Shinobi」というゲームと「Bad Dudes vs DragonNinja」というゲームのタイトルから取っているだけで、深い意味はなさそうです(笑)

We Still Kill the Old Way

収録Start Something
リリース年2004年
動画YouTubeで検索

続いて紹介するのは2ndアルバム『Start Something』に収録のオープニング曲「We Still Kill the Old Way」!

いきなり超メタリックなリフで、度肝を抜かれます!

このバンドの凄いところは、どれだけメタルな曲でもキャッチーなメロと甘い歌声で、いい意味で大衆受けする曲に仕上げることができてしまう所なんですよね。
同じようなバンドがわんさかいる時代に、それらを押しのけて売れるバンドには、やはり売れる理由がちゃんとあるものですね。

Bring 'Em Down

収録Weapons
リリース年2012年
動画YouTubeで検索

続いては5thアルバムにしてラストアルバムとなった『Weapons』に収録されている一曲「Bring 'Em Down」です!

くるぞ・・くるぞ・・・きたー!!!って思わず言いたくなるイントロで胸が熱くなります!!!

そして音はめちゃくちゃヘヴィーなのに、コーラスではシンガロングしたくなるほどの気持ちいメロディ!
MVも暴力的で曲に合っているので、見た方がいいですよ!

Rooftops (A Liberation Broadcast)

収録Liberation Transmission
リリース年2004年
動画YouTubeで検索

こちらは3rdアルバム『Liberation Transmission』に収録の「Rooftops (A Liberation Broadcast)」!

上記3曲とはうって変わって、ポップでエモい楽曲です!
が、サビのメロディラインが極上なので、重いのが好きな人にも胸を張ってすすめます!

MVのイアンの髪型も・・・エモい!!

To Hell We Ride

収録Start Something
リリース年2004年
動画YouTubeで検索

続いては2ndアルバム『Start Something』に収録されている「To Hell We Ride」!

こちらも同じアルバムに入っている「We Still Kill the Old Way」同様、メタリックな演奏が印象的な一曲!

コーラスでの「Ride!Ride!」連呼のスクリームが耳から離れません!
ちなみに、ヴォーカルのイアンはスクリームしませんので、キーボードのジェイミー・オリヴァーが叫んでおります。

4AM Forever

収録Liberation Transmission
リリース年2004年
動画YouTubeで検索

続いての曲は、3rdアルバム『Liberation Transmission』収録の「4AM Forever」!

ミドルテンポのロックバラードなのですが・・・・非常にいい!!!!

日本人が作ったのかと思えてしまうほど、日本的な哀愁漂うメロディでヴォーカルのイアンの良さが際立っています!
激しい曲も、こういう曲もサラッとできてしまうのがニクいですね!

Jesus Walks

収録Weapons
リリース年2012年
動画YouTubeで検索

続いては、5thアルバム『Weapons』収録の「Jesus Walks」!

こちらも激しい曲ではなく、完全にポップロックなのですが、当たり前のように良曲です!

もしかしたら、激しい面のロストプロフェッツよりも、ポップなロストプロフェッツの方が好きという人の方がいいかも・・・・しれませんね。

Dstryr/Dstryr

収録The Betrayed
リリース年2012年
動画YouTubeで検索

こちらは4thアルバム『The Betrayed』に収録されている「Dstryr/Dstryr」です!

再生ボタンを押した瞬間からテンションMAX!!!

相変わらずヘタウマなヴォーカルで、叫び気味に歌うイアンの声は弱々しいのですが、そのお陰で余計にキーボードのジェイミーのスクリームが格好良く聴こえるんですよね!
確信犯かな・・・?

Everyday Combat

収録Liberation Transmission
リリース年2004年
動画YouTubeで検索

最後に紹介するのは3rdアルバム『Liberation Transmission』収録の「Everyday Combat」!

疾走感のある激しめなリフと、覚えやすいポップな歌メロで、聴く人のテンションを上げてくれます

ラストの展開も最高!是非最後まで聴いて下さい!

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

フューネラル・フォー・ア・フレンド(Funeral for a Friend)

ストーリー・オブ・ザ・イヤー(Story of the Year)

ザ・ユーズド(The Used)

まとめ

えもやん
えもやん
ロストプロフェッツのオススメ曲、全9曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

ロック史の中でも稀にみる最悪な理由での解散となってしまいましたが、悔しいかな、曲だけは本当にいいんですよね。

二度と復活することはないので、発売してきたアルバムだけで楽しみましょう!

-必聴(洋楽編), 音楽
-

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.