【音楽革命家】Rage Against the Machineのおすすめ曲6選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です!!

闘争本能に火をつけるリフに、自国アメリカへの怒りを歌詞に乗せてぶつけまくるラップで、ロック界に最大級の衝撃を与えたバンド、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against the Machine)!

この記事では彼らの事をまだあまり知らない人、つまり「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン初心者」のためにおすすめ曲を6曲紹介します!

えもやん
えもやん
その中でも特に下記の3曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. Guerrilla Radio
  2. Know Your Enemy
  3. Sleep Now In The Fire

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against the Machine)とは

アメリカで結成され、1992年にデビュー。

ザック・デ・ラ・ロッチャのラップとグルーヴィーでロックなリフから「レッド・ツェッペリンとパブリック・エナミーの融合」とも言われていました。

デビューアルバムのジャケットには、仏教徒弾圧への抗議の焼身自殺をするティック・クアン・ドックの写真が使われ、レイジの楽曲と共に世間に衝撃を与えました。

たった4枚のアルバムだけを残し2000年に解散しましたが、ロック界への影響は計り知れません。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against the Machine)のおすすめ6曲

Guerrilla Radio

収録The Battle Of Los Angeles(3rdアルバム / 1999年)
制作作詞 - Zack de la Rocha
作曲 - Rage Against the Machine
動画YouTubeで検索

まず最初に紹介するのは、3rdアルバム『The Battle Of Los Angeles』収録の「Guerrilla Radio」です!

イントロのリフだけで悶絶間違いなし!!!
ツェッペリンが作り上げたロックのグルーヴを更に進化させた様なノリがたまりません!!

そして政治色の強い、怒り全開の歌詞でラップするザック・デ・ラ・ロッチャに圧倒されます!
彼の声とバンドの音を聴いていると、闘志が沸沸とわいてくるのは自然なことでしょう!

Know Your Enemy

収録Rage Against the Machine(1stアルバム / 1992年)
動画YouTubeで検索

続いて紹介するのは衝撃のデビューアルバム『Rage Against the Machine』に収録の「Know Your Enemy」!

まず訳の分からない変態ギターサウンドで始まるのですが、気を抜いて聴いていると・・・確実にその後のリフでやられます!
90年代では間違いなくナンバーワンリフメイカーだと思います、トム・モレロは!!

ラストの「All of which are American dreams!」の連呼は鳥肌もの!
ちなみに、2分30秒あたりのメロディから3分あたりのシャウトまでのパートはなんとトゥール(Tool)のメイナードが歌っていますので、そこも要チェックです(ライブでは基本ザックが歌っています)!

Sleep Now In The Fire

収録The Battle Of Los Angeles(3rdアルバム / 1999年)
制作作詞 - Zack de la Rocha
作曲 - Rage Against the Machine
動画YouTubeで検索

こちらは3rdアルバム『The Battle Of Los Angeles』に収録されている「Sleep Now In The Fire」!

パンキッシュなリフで疾走するサウンドに、アメリカの残虐の歴史を皮肉たっぷりに書いた歌詞が突き刺さる!
いきなり「ヒロシマ」という言葉が出てきた時はドキッとしましたし、なんとも言えない気持ちになりました・・・。

そして『ボウリング・フォー・コロンバイン』で有名な映画監督マイケル・ムーアがMVを撮影したのですが、なんと彼は撮影中に逮捕!
その様子はしっかりとMVに映っていますし、なんでそうなったかもわかるので、ぜひ見てください!

Testify

収録The Battle Of Los Angeles(3rdアルバム / 1999年)
制作作詞 - Zack de la Rocha
作曲 - Rage Against the Machine
動画YouTubeで検索

次は、またまた3rdアルバム『The Battle Of Los Angeles』に収録されているオープニング曲「Testify」です!

レイジ節全開の、グルーヴィーで闘争心に火をつけてくれる楽曲です!

頭を空っぽにして暴れたい時も、何かに怒っている時も、この曲を聴けば解決してくれます!
MVのブッシュの顔や行動がいい味を出していますね(笑)

Take the Power Back

収録Rage Against the Machine(1stアルバム / 1992年)
動画YouTubeで検索

こちらは1stアルバム『Rage Against the Machine』に収録されている「Take the Power Back」です!

ギターのヘヴィーサウンドとベースのスラップが高次元で絡み合う楽曲!
レイジの楽曲の中では1番ファンキーでロックだと思います!

トム・モレロの珍しい速弾きギターソロも必聴です!

Renegades of Funk

収録Renegades(カヴァー・アルバム / 2000年)
制作作詞・作曲 - Afrika Bambaataa / Arthur Baker / John Miller / John Robie
動画YouTubeで検索

最後に紹介するのはラストアルバム&カヴァーアルバム『Renegades』収録の「Renegades of Funk」!

ヒップホップを語る上で外せないほどの超重要人物、アフリカ・バンバータ(Afrika Bambaataa)のカヴァー曲!

あまりにも馴染みすぎてて、まるでレイジのオリジナル曲に聴こえてしまいます!

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

オーディオスレイヴ(Audioslave)

リンプ・ビズキット(Limp Bizkit)

まとめ

えもやん
えもやん
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのオススメ曲、全6曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

ヴォーカルのザックが抜けた後、残りの3人はAudioslaveを結成しそちらも成功させましたが、2007年から再集結し、ライブをしてくれるようになりました!

現在はまた活動しなくなっていますが、いつか・・・いつか新作が出ることを願っているのは僕だけではないはず!!

-必聴(洋楽編), 音楽
-,

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.