【ニュー・メタルの始祖】Korn(コーン)のおすすめ曲10選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です。

7弦ギターと5弦ベースで奏でる超重低音とジョナサン・デイヴィス(Jonathan Davis)の独特な歌唱法で世界を席巻したアメリカのニューメタルバンド、Korn(コーン)。

この記事では彼らの事をまだあまり知らない人、つまり「コーン初心者」のために、おすすめの10曲を紹介します。

えもやん
えもやん
その中でも特に下記の3曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい

超絶オススメ

  1. Rotting in Vain
  2. Freak on a Leash
  3. Y'All Want a Single

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

Korn(コーン)とは

出身アメリカ
結成1993年
現メンバー・ジョナサン・デイヴィス(Jonathan Davis) - vocals / 1971年1月18日生まれ
・マンキー (Munky) - guitar / 1970年6月6日生まれ
・ヘッド (Head) - guitar / 1970年6月19日生まれ
・フィールディ (Fieldy) - bass / 1969年11月2日生まれ
・レイ・ルジアー (Ray Luzier) - drums / 1970年6月14日生まれ
リンク公式サイト
YouTubeチャンネル

前身となるバンドを経て、1993年にジョナサン・デイヴィスを迎え、コーンを結成。

所謂ニューメタルというジャンルの先駆けとなったバンド。

メタルにヒップホップの要素(ラップではなくリズムの部分)を取り入れた、グルーヴィーでウネリのある曲とジョナサンによる、陰鬱な歌詞が特徴です。

Korn(コーン)のおすすめ10曲

Rotting in Vain

収録The Serenity of Suffering(12thアルバム / 2016年)
制作作詞・作曲 - Korn

コーンの集大成と言っても差し支えないほど、彼らの魅力が詰まりまくった曲。デビューして20年以上経つバンドが衰えることなく、こんな曲を出せることにただただ驚きです。

超重低音のベースにノれるドラム、怪しいギターの音色、そして何よりも2分ごろから始まるジョナサン・デイヴィスお得意のコーン語でのスキャットが最高。

Freak on a Leash

収録Follow The Leader(3rdアルバム / 1998年)
The Essential Korn(ベストアルバム / 2011年)
制作作詞・作曲 - Korn

1stと2ndアルバムで作り上げた陰鬱なニューメタルサウンドにポップの要素を取り入れ、へヴィーなのに聴きやすいです。数字(売り上げ)でも証明されていますが、この曲を聴くと彼らのフォロワーたちとは一線を画す存在であることがわかりますし、偉大さに気づけます。

この曲でも2分半過ぎにコーン語でのスキャットがあり、そこからの展開にしびれます。

Y'All Want a Single

収録Take a Look in the Mirror(6thアルバム / 2003年)
The Essential Korn(ベストアルバム / 2011年)
制作作詞・作曲 - Korn

ポップなメロディにコーンにしか出せない重さが絶妙に絡み合い、初期の暗すぎるコーンが苦手な人でもこの曲なら気にいるはず。

この曲のタイトルを連呼するコーラスがインパクトあり過ぎて、耳にこびり付いて離れません(笑)

Prey for Me

収録The Paradigm Shift(11thアルバム / 2013年)
制作作詞・作曲 - Korn / Don Gilmore

2005年に脱退していたギターのヘッドが復帰した作品ということで、どんなアルバムになるんだろうと、昔からのファンは喜びと不安があったと思います。

しかしアルバム1曲目「Prey for Me」の冒頭からの縦ノリのテンション高いリフで、不安を見事に払拭してくれました。やはり、ヘッドという人物はこのバンドには欠かせないんですね。

Right Now

収録Take a Look in the Mirror(6thアルバム / 2003年)
The Essential Korn(ベストアルバム / 2011年)
制作作詞・作曲 - Korn

なぜこんなに印象的なヘヴィーリフを思いつくのか・・・。

後半、ジョナサンの「Shut up, shut up,shut up,I'll f●ck you up」」と叫ぶパートが熱すぎて、暴れたくなります。

Here to Stay

収録Untouchables(5thアルバム / 2002年)
The Essential Korn(ベストアルバム / 2011年)
制作作詞・作曲 - Korn

2003年のグラミー賞でベスト・メタル・パフォーマンス賞を受賞した楽曲。

大音量で聴くと、イントロの重さに圧倒されること間違いなしです。

Blind

収録Korn(1stアルバム / 1994年)
The Essential Korn(ベストアルバム / 2011年)
制作作詞・作曲 - Korn / Dennis Shinn / Ryan Shuck

ニューメタルという新たなジャンルを作り上げた、記念すべきデビューアルバムのオープニングナンバー。

ジョナサンの「Are you ready?」からのヘヴィーサウンド炸裂の流れがたまりません。

H@rd3r

収録The Nothing(13thアルバム / 2019年)
制作作詞・作曲 - Korn / Lauren Christy / Nick Raskulinecz

デビューから25年経っているとは思えないほどアグレッシブ。

特に2分40秒過ぎのシャウトがちょっとビックリするくらいキレッキレで、まだまだ彼らが最前線で活躍していることを分からせてくれます。

Narcissistic Cannibal (featuring Skrillex and Kill the Noise)

収録The Path of Totality(10thアルバム / 2011年)
制作作詞・作曲 - Reginald Arvizu / Jonathan Davis / Sonny Moore / James Shaffer / Jake Stanczak / Luke W. Walker

続いてはSkrillexなど、ダブステップDJやエレクトロニックミュージックプロデューサーとコラボした10thアルバム『The Path of Totality』に収録され、ファンの中にはショックを受けた人やファンを辞めた人もいるとは思いますが、見事にメタルサウンドとエレクトロが融合していておすすめです。

特にこの曲は、ロックの事を世界一理解してるであろうDJのSkrillexとのコラボで、ただただ純粋に格好いい。いつまでも攻めの姿勢を忘れないって大事ですよね。

Insane

収録The Serenity of Suffering(12thアルバム / 2016年)
制作作詞・作曲 - Korn

この曲は、ジョナサンの歌ではなく楽器隊の音を聴いてください。目眩がしてしまいそうな、これでもかというほど激重でグルーヴィーなリフがクセになります。

日本のV系にも通じるような怪しいMVと併せて聴くことで、より彼らの世界にドップリと浸かることができるのでオススメです。

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

コリィ・テイラー(Corey Taylor)

マッドヴェイン(Mudvayne)

ディスターブド(Disturbed)

まとめ

えもやん
えもやん
コーンのオススメ曲、全10曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

変化することを恐れず、アルバムを出すたびに新しい刺激をくれるコーン!

次はどんな実験をしてくるのか・・・楽しみで仕方ありません!

-必聴(洋楽編), 音楽
-

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.