【唯一無二】UVERworldのおすすめ曲20選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です!

ROCKやHIP HOP、EDMなど様々なジャンルの良さを取り入れながら、世界中の誰にも真似できない独自の楽曲を作り上げる6人組みロックバンド、UVERworld(ウーバーワールド)。

この記事では彼らの事をまだあまり知らない人、つまり「UVERworld初心者」のために、おすすめの「UVERらしさ全開な曲11曲」と「切ない曲6曲」と「ラップ多めな曲3曲」の合計20曲を紹介します。

えもやん
えもやん
その中でも特に下記の5曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. 激動 ←UVERらしい
  2. Q.E.D ←UVERらしい
  3. WE ARE GO ←UVERらしい
  4. 白昼夢 ←切ない
  5. 一石を投じるTokyo midnight sun ←ラップ

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

UVERworldとは

出身日本
活動2000年〜
現メンバー・TAKUYA∞ - vocals / 1979年12月21日生まれ
・克哉 - guitar
・信人 - bass
・誠果 - sax,mani
・彰 - guitar
・真太郎 - drums
リンク公式サイト
YouTubeチャンネル

2000年に滋賀県で、前身バンドの「SOUND極ROAD」を結成。

そしてバンド名を改名後、2004年に1stシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビュー。

デビューしてから今まで常に第一線で活躍を続けていて、今では名実ともに日本を代表するロックバンドになっています。

「UVERworld」らしさ全開なおすすめ11曲

激動

収録激動/Just break the limit!(10thシングル / 2008年)
AwakEVE(4thアルバム / 2009年)
ALL TIME BEST(ベストアルバム / 2018年)
制作作詞・作曲 - TAKUYA∞
編曲 - UVERworld / 平出悟

「激動」に似た曲を今までに聴いたことがない!そう言い切れるほどオリジナリティーに溢れていて、世界中見渡してもこの曲はUVERにしか作れない曲だと思います。

イントロのアコギから重いバンドサウンドに切り替わる瞬間、歌メロ、間奏のラップ・・と、格好いいポイントがありすぎて困ります。

Q.E.D


↑再生ボタンをクリックすると、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録TYCOON(9thアルバム / 2017年)
制作作詞・作曲 - TAKUYA∞
動画YouTubeで検索

夢を追いかけることを諦めかけてしまっている人にダイレクトに響きそうなコーラスから始まる、激アツなロック。

そこからのAメロBメロは常人では思いつかない様な流れなので、是非一度フルで聴いて欲しいです。

WE ARE GO

収録WE ARE GO/ALL ALONE(29thシングル / 2016年)
TYCOON(9thアルバム / 2017年)
制作作詞・作曲 - TAKUYA∞
編曲 - UVERworld / 平出悟

初めて聴いた時は、二段階で盛り上がるコーラスに鳥肌が止まりませんでした

MVもかなりアツいのですが、ライブは無敵感があってもう・・・ヤバイです。

AWAYOKUBA-斬る

収録7th Trigger(21thシングル / 2012年)
THE ONE(7thアルバム / 2012年)
ALL TIME BEST(ベストアルバム / 2018年)
制作作詞 - TAKUYA∞
作曲 - TAKUYA∞ / 彰
編曲 - UVERworld / 平出悟

メロウなラブソングだなぁと聴き始めて約20秒後、急なヘヴィーサウンドにビックリしました。

これがカップリング曲だなんて信じられないくらい、一曲通して重さと柔らかさが見事に両立された名曲です。

Nitro


↑再生ボタンをクリックすると、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録Timeless(1stアルバム / 2006年)
制作作詞 - TAKUYA∞ / Alice ice
作曲 - TAKUYA∞ / 彰
編曲 - UVERworld / 平出悟
動画YouTubeで検索

ラップ・メタルやニュー・メタル好きにはたまらない一曲!

1stアルバムの曲だけあって若々しく、ダークで攻撃的なサウンドが響き渡ります。

境界


↑再生ボタンをクリックすると、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録UNSER(10thアルバム / 2019年)
制作作詞・作曲 - TAKUYA∞
動画YouTubeで検索

今までジャンルの垣根を飛び越えた曲を作成してきたUVERworld。
2019年発表のこの曲を聴くと、もうどのバンドも追いつけないような場所に辿り着いてしまったのかと思えました・・・。

「生まれた意味なんてある訳ないじゃん ある訳ないじゃん 作るしかないじゃん」と言う歌詞も刺さります。

いつか必ず死ぬことを忘れるな

収録LIFE 6 SENSE(6thアルバム / 2011年)
制作作詞 - TAKUYA∞
作曲 - TAKUYA∞ / 彰
編曲 - UVERworld / 平出悟

上の動画の5分32秒頃から始まります。
タイトルを読んだだけでもドキッとしますが、曲が始まった瞬間もっとドキッとするはず。

ヘヴィーでスピーディーなバンドサウンドを引っ張っていくTAKUYA∞さんの力強い歌声と歌詞が刺さります。

DEJAVU

収録ナノ・セカンド(25thシングル / 2013年)
制作作詞 - TAKUYA∞
作曲 - TAKUYA∞ / 信人
編曲 - UVERworld / 平出悟

UVERお得意の、キャッチーさとヘヴィネスを絶妙に融合させた楽曲。

カップリングのみでアルバムにも未収録なのが謎なほど、めちゃくちゃ格好いいです(もともと表題曲になる予定だったとのこと)!

Touch off

収録Touch off(34thシングル / 2019年)
UNSER(10thアルバム / 2019年)
制作作詞 - TAKUYA∞
作曲 - UVERworld

EDM要素とロックがガッチリ噛み合った、「約束のネバーランド」の主題歌としても有名なシングル曲。

イントロの、サックスが入るところが格好良すぎ!

D-tecnoLife

収録D-tecnoLife(1stシングル / 2005年)
Timeless(1stアルバム / 2006年)
Neo SOUND BEST(ベストアルバム / 2009年)
制作作詞・作曲 - TAKUYA∞
編曲 - UVERworld / 平出悟

今までの邦楽にはなかった雰囲気を纏った、衝撃的なデビュー作

発売当時、どれだけのバンドマンがこの曲に驚いたか・・。

REVERSI

収録REVERSI(23thシングル / 2012年)
THE ONE(7thアルバム / 2012年)
制作作詞 - TAKUYA∞
作曲 - TAKUYA∞ / 彰
編曲 - UVERworld / 平出悟

スピーディーでメロディアスなロックなのですが、さすがUVERworld・・・普通には進みません

TAKUYA∞さんの二刀流マイクロフォンや、コーラス直前の唐突なJazzyパートなど、おすすめポイントが盛り沢山です。

切ないメロディが好きな人におすすめの6曲

白昼夢


↑再生ボタンをクリックすると、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録LIFE 6 SENSE(6thアルバム / 2011年)
ALL TIME BEST(ベストアルバム / 2018年)
制作作詞 - TAKUYA∞
作曲 - UVERworld
編曲 - UVERworld / 平出悟
動画YouTubeで検索

悲しい過去を忘れるのではなく、それに立ち向かって行こうと歌うロックバラード。

歌詞もさることながら、どの曲よりも力強く歌うTAKUYA∞さんの歌声に魂が震えます

ゼロの答

収録BUGRIGHT(2ndアルバム / 2007年)
Neo SOUND BEST(ベストアルバム / 2009年)
制作作詞 - TAKUYA∞
作曲 - 彰
編曲 - UVERworld / 平出悟

2ndアルバムを代表するメロディアスなロック!

「死」に対する答えを書いた歌詞やTAKUYA∞さんのコーラスでの歌声に、胸が熱くなってくること間違いなしです。

just Melody

収録just Melody(3rdシングル / 2006年)
Timeless(1stアルバム / 2006年)
制作作詞 - TAKUYA∞ / Alice ice
作曲 - TAKUYA∞ / 彰
編曲 - UVERworld / 平出悟

イントロから名曲の匂いがプンプンしてくる楽曲ですが、なんとインディーズで活動している頃から存在していた曲です(元のタイトルは「癒音」)。

トップに立つバンドは、やはりインディーズの頃からレベルが違うのか・・・と思わされますね。

トキノナミダ


↑再生ボタンをクリックすると、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録Timeless(1stアルバム / 2006年)
制作作詞 - TAKUYA∞
作曲 - 克哉
編曲 - UVERworld / 平出悟
動画YouTubeで検索

今回紹介している曲の中では、一番ストレートなロックサウンドで、そこに切ないメロディと歌声が気持ちよく絡みます。

洋楽ロック好きにも間違いなく響く、シンプルに格好いい楽曲です。

優しさの雫


↑再生ボタンをクリックすると、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録Timeless(1stアルバム / 2006年)
Neo SOUND BEST(ベストアルバム / 2009年)
ALL TIME BEST(ベストアルバム / 2018年)
制作作詞 - TAKUYA∞ / Alice ice
作曲 - TAKUYA∞ / 彰
編曲 - UVERworld / 平出悟
動画YouTubeで検索

1stアルバム収録の曲が続いてしまいましたが、こちらも1stに収録されている、UVER初のバラード曲

オシャレなサウンドと間奏でのサックスソロにウットリしてしまいます。

Revolve


↑再生ボタンをクリックすると、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録just Melody(3rdシングル / 2006年)
制作作詞 - TAKUYA∞ / Alice ice
作曲 - TAKUYA∞ / 彰
編曲 - UVERworld / 平出悟
動画YouTubeで検索

カップリングでしか収録されていない、まさに隠れた名曲の代表

別れを書いた歌詞と切ないメロディ、そしてエモーショナルなバンドサウンドがよく合います。

ラップが好きな人におすすめの3曲

一石を投じるTokyo midnight sun

収録LIFE 6 SENSE(6thアルバム / 2011年)
制作作詞 - TAKUYA∞
作曲 - TAKUYA∞ / 彰
編曲 - UVERworld / 平出悟

上の動画の14分42秒頃から始まります。
R&BやHIP HOPの影響が色濃く出た、オシャレな楽曲。

基本TAKUYA∞さんのラップで進んでいくのですが、突然やってくるコーラスとの緩急が素晴らしく、一曲の中で何度も楽しめます。

One Last Time


↑再生ボタンをクリックすると、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録UNSER(10thアルバム / 2019年)
制作作詞 - TAKUYA∞
作曲 - Ryosuke "Dr.R" Sakai / Drew Ryan Scott / UVERworld
動画YouTubeで検索

こちらもHIP HOPの影響が強いですが、何と言ってもコーラス直前にスッと入るパートが滅茶苦茶クール!

無気力な時に、背中を押してくれる歌詞にも注目です。

ai ta 心


↑再生ボタンをクリックすると、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録D-tecnoLife(1stシングル / 2005年)
Timeless(1stアルバム / 2006年)
制作作詞・作曲 - TAKUYA∞
編曲 - UVERworld / 平出悟
動画YouTubeで検索

歌メロとラップの切り替えが非常に目まぐるしい楽曲!

ラップだけでなくコーラスの高音部分も難易度が高いので、これを歌えるのはプロの世界でもTAKUYA∞さんしかいないのではないでしょうか・・・。

こんな記事もどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません。

よろしければ、是非聴いてみてください。

ブリング・ミー・ザ・ホライズン(Bring Me the Horizon)

Pay money To my Pain

まとめ

えもやん
えもやん
UVERworldのオススメ曲、全20曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

常に冒険心と遊び心を持ちながら、新しいサウンドをファンに提供してくれるUVERworld!

今後もどんな楽曲が聴けるのか・・・楽しみにしましょう!

-必聴(邦楽編)
-

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.