【必聴】One Direction(ワン・ダイレクション)のおすすめ曲10選

「21世紀のビートルズ」とも呼ばれるほど世界中で人気を博した、イギリス出身男性アイドルグループ、ワン・ダイレクション(One Direction)。

この記事では彼らの事をまだあまり知らない「ワン・ダイレクション初心者」のために、よくある人気曲・代表曲ランキングとは違う僕個人がオススメする曲を紹介していきますので、是非お気に入りの曲を見つけてください。

※無料でワン・ダイレクションの全アルバムを聴く方法
最近はスマホで手軽&お得に聴けるAmazon Music Unlimitedなどの定額聴き放題サービス(サブスク)が増えています。Amazon Music Unlimitedなら30日の無料体験があり、ワン・ダイレクションのアルバム全て入っているのでこれで聴きまくるのもありですね。
» Amazon Music Unlimitedの無料体験はこちら

超絶オススメ

  1. Story of My Life
  2. Perfect
  3. One Thing

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

ワン・ダイレクション(One Direction)とは

イギリスの音楽オーディション番組「Xファクター」にて審査員のサイモン・コーウェルに見出された5人がグループを結成。

デビューしてすぐに、世界中に1D旋風を巻き起こしました。

2015年に、メンバーのゼイン・マリクが脱退して4人組みに。

そして2016年に活動休止を発表し、各々ソロ活動をするようになり、今もまだグループの活動は再開していません。

ワン・ダイレクション(One Direction)のおすすめ10曲

Story of My Life

収録Midnight Memories(3rdアルバム / 2013年)
制作作詞・作曲 - Julian Bunetta / Jamie Scott / John Ryan / Louis Tomlinson / Liam Payne / Niall Horan / Harry Styles / Zayn Malik

NTT DoCoMoのCM曲として使われていたので、日本では1番有名なOne Directionの曲じゃないでしょうか?ニュー・フォークの要素を含んだ曲で、どこか懐かしく聴こえるのですが、壮大なコーラスのメロはグッと心を掴みます。

かなり凝ったMVも是非みて欲しいのですが、メンバーのガチの家族が出演しているのが驚きです(笑)

Perfect

収録Made in the A.M.(5thアルバム / 2015年)
制作作詞・作曲 - Harry Styles / Louis Tomlinson / Julian Bunetta / John Ryan / Jacob Kasher / Jesse Shatkin / Maureen Anne McDonald

アイドルとして10代から曲をリリースし続けている彼らの曲の中で、特に大人っぽくメロディも秀逸なラブソング。ラブソングと言ってもバラードではなくて、ノリやすいリズムなので、ドライブ中にかけてもめちゃくちゃ気持ちよく聴けます。

ちなみに「カメラのフラッシュを浴びるのが好きだったり 次の失恋ソングを書くための相手を探してるんだったら・・・」という歌詞があるのですが、この曲の制作に関わっているハリー・スタイルズの元カノ「テイラー・スウィフト」のことを歌っているのではと噂されていたそう。TVでこの事を質問されたハリーの表情を見る限り、事実っぽいですけどね(笑)

One Thing

収録Up All Night(1stアルバム / 2011年)
制作作詞・作曲 - Rami Yacoub / Carl Falk / Savan Kotecha

デビューアルバム『Up All Night』に収録の、これぞ完璧なポップロック!歌い出しからコーラスまで全て超キャッチー

青春の甘酸っぱさを感じさせてくれる、5人の歌声も堪りません(笑)

Steal My Girl

収録Four(4thアルバム / 2014年)
制作作詞・作曲 - Louis Tomlinson / Liam Payne / Wayne Hector / Julian Bunetta / Ed Drewett / John Ryan

80年代スタジアム・ロックバンドのロックバラードを彷彿とさせる、ピアノリフが印象的な、壮大で美しい楽曲。

大合唱したくなるような歌だけど、特にコーラス終わりの「Na na na〜」の部分をライブで一緒に歌えたら気持ちいいんだろうなぁ。。。

History

収録Made in the A.M.(5thアルバム / 2015年)
制作作詞・作曲 - Liam Payne / Louis Tomlinson / Wayne Hector / John Ryan / Ed Drewett / Julian Bunetta

活動休止前の最後の曲なのですが、ファンとの繋がりを書いた歌詞とグッとくるメロディで泣かせにかかってます(笑)アコースティックとハンドクラップをバックに歌い始めるハリーの色気のある歌声を聞くだけで、彼らがアイドルではなくアーティストになったんだと感じさせられました。

オーディション番組「Xファクター」のオーディションシーンから活動休止までの5年分の映像が散りばめられたMVも注目です!脱退したゼインもしっかりと映しているのが、粋ですよね。

Kiss You

収録Take Me Home(2ndアルバム / 2012年)
制作作詞・作曲 - Rami Yacoub / Carl Falk / Savan Kotecha / Shellback / Kristian Lundin / Kristoffer Fogelmark / Albin Nedler

暗い気持ちも明るくしてくれるような、底抜けに明るい、アップテンポなパワーポップ

1分14秒あたりから始まる、ナイル・ホーランの歌い回しがめっちゃツボなんですけど‥同じ気持ちになる人がいたら嬉しいです(笑)

Drag Me Down

収録Made in the A.M.(5thアルバム / 2015年)
制作作詞・作曲 - Julian Bunetta / Jamie Scott / John Ryan

4人になって最初のシングルとして突如発表された曲なのですが、それがグループ史上最多となる90カ国のiTunesで1位を獲得!ミドルテンポのロックで、緊張感が支配するシリアスな曲です。

後半のハリー・スタイルズの叫びを聞く限り、もっとロックな曲をガンガンやればいいのに、と思ってしまいました。ちなみに、MVは本物のNASA協力のもとで作られたそうです。

You & I

収録Midnight Memories(3rdアルバム / 2013年)
制作作詞・作曲 - Julian Bunetta / Jamie Scott / John Ryan

「違う者同士の僕らだけど2人で乗り越えていこう」という力強い歌詞が印象的なバラードで、結婚式なんかで使えそうなドラマティックな曲です。

3分頃のゼインの高音が素晴らしい・・・。

Best Song Ever

収録Midnight Memories(3rdアルバム / 2013年)
制作作詞・作曲 - Wayne Hector / John Ryan / Ed Drewett / Julian Bunetta / Pete Townshend

3枚目のアルバム『Midnight Memories』からのリードシングルとして発表された、ポップでロックな一曲。

コスプレをしたメンバーの絵面が強烈なMVと合わせて聴くと、より一層楽しめます!

What Makes You Beautiful

収録Up All Night(1stアルバム / 2011年)
制作作詞・作曲 - Rami Yacoub / Carl Falk / Savan Kotecha

彼らの若さがいい意味で大爆発している、デビューシングル!

「そりゃ売れるよな」って言いたくなるほど隙がないですね。イントロのギターリフがシンプルなのにインパクト大!

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

ショーン・メンデス(Shawn Mendes)

チャーリー・プース(Charlie Puth)

まとめ

えもやん(管理人)
えもやん(管理人)
ワン・ダイレクションのオススメ曲を紹介してきましたけど、いかがでしたか?

デビュー当時のアイドルらしい曲も、良いんですけど、脱・アイドルソングも堪らない‥。

皆さんは、大人な彼らと若さ全開の彼ら、どっちが好みでしたか?

-必聴(洋楽編), 音楽
-

Copyright© Emo Stone , 2021 All Rights Reserved.