【B'z】W不倫で燃え上がる!「紅い陽炎」の歌詞の意味を徹底考察

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です。

今回歌詞の意味を解説・考察する曲は、1992年発売の6thアルバム『RUN』収録の「紅い陽炎」。パートナーへの愛が薄れてしまった男女が激しく愛し合ってしまった曲で、B'zの曲の中でも有名な不倫ソングです。

では早速、「紅い陽炎」の歌詞を深掘りしていきましょう!

スポンサーリンク

「紅い陽炎」情報

収録RUN(6thアルバム / 1992年)
制作作詞 - 稲葉浩志
作曲 - 松本孝弘
編曲 - 松本孝弘 / 明石昌夫
動画YouTubeで検索

「紅い陽炎」解説・考察

この曲の主人公は配偶者のいる男性。

何度も何度も体を重ね、その度に愛が深まり、もう彼女への想いが爆発寸前・・・という精神状態ギリギリの主人公の心情が描かれた歌詞です。

惹かれ合うのは必然

渇きかけた心に 小さなひびひとつ
互いのそれを触れ合った 夏の日

消えゆく季節に ふたり逆らうように
炎を産んで

それぞれパートナーがいる2人。どちらも関係は冷え始めているという事を「渇きかけの心に入った小さなひび」で表しています。

同じ境遇の2人は自然と距離が縮まり、いけないと分かっているのに、愛し合ってしまう事に・・・。

止まらない2人の愛

夜を越えるたびに ふたりただの男と女

人間は理性のある生き物なので、不倫すれば最初は誰だって罪悪感はありますよね。でもこの曲の2人は、体を重ねるうちにお互いの境遇なんて吹っ飛んでしまい、本能の赴くまま好きだという感情をぶつけ合うようになってしまいます。

瞳を見たい 黒い髪に口づけたい
隠しきれない想いが とめどなく溢れる

仕事中でも、家で配偶者といるときも、不倫相手のことを思ってしまう主人公。暴走してしまう寸前です・・・。

このままか これ以上か 愛の形 何か欲しい

とにかく堂々と愛し合いたい気持ちが強くなっています。

結末は・・・?

胸を焦がし続ける 情熱の淵で
力尽きるまで踊れ 紅い陽炎

「力尽きるまで踊れ 紅い陽炎」と描いてあることから、主人公は今後の結論を出せないまま、とにかくもう行くところまで行ったれ!という心境になっているのではないでしょうか。最悪の結末を迎えてしまいそうな予感がプンプンしますね。

個人的には相手側の気持ちも是非知りたいところ(もしかしたら燃えているのは主人公だけだったりして・・・?)。

「紅い陽炎」オススメの一節

この曲のオススメの一節は大サビの前半部分!

肌に触れたい 君の気配を感じたい
雑踏の中に立ち その名を叫びたい

雑踏の中、つまり人が大勢集まる場所で不倫相手の名前を呼ぶなんてこの2人の今の関係性ではできません。

不倫ではなく堂々と愛し合いたいという主人公の心情が、上手く伝わる歌詞ですね。

こんな記事もどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記の記事のことも、気にいるかもしれません。

闇の雨

NEVER LET YOU GO

まとめ

えもやん
えもやん
B'zの「紅い陽炎」の歌詞の意味の考察、いかがでしたか?

稲葉さんの歌い方と松本さんが作る歌謡曲的なメロディに、この歌詞が加わることで大人の色気が感じられる曲になっています。

B'zの不倫・浮気曲は他にも歌詞の考察をしているので是非読んでみてください!

-歌詞考察, 音楽
-, ,

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.