【B'z】女性が主人公の略奪愛!「闇の雨」の歌詞の意味を徹底考察

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です。

今回歌詞の意味を解説・考察する曲は、1994年発売の初の2枚組アルバム『The 7th Blues』収録の「闇の雨」。
シングル曲ではないので、B'zファン以外にはあまりピンと来ないかもしれませんが、松本さんの泣きのギターと、稲葉さんが描くリアルな情景描写と女性の心理が哀愁を漂わせる名ロックバラードです。

では早速、「闇の雨」の歌詞を深掘りしていきましょう。

スポンサーリンク

「闇の雨」情報

収録The 7th Blues(7thアルバム / 1994年)
制作作詞 - 稲葉浩志
作曲 - 松本孝弘
編曲 - 松本孝弘 / 明石昌夫
動画YouTubeで検索

「闇の雨」解説・考察

この曲の主人公は奥さんがいる男性を愛してしまった女性。

彼がやっと奥さんと別れて一緒になってくれるとのことで、愛の逃避行(?)を約束してくれた彼との待ち合わせ場所に向かいます。そんな彼女の嬉しさと少しの不安が入り混じった心情が描かれた歌詞です。

二人称の「きみ」と「あなた」が登場するので混乱してしまいがちですが、まずこの歌詞を読む上で分かっておきたいのは、1番のAメロとBメロはこの物語の語り手からの目線であると言うこと。そして1番のサビから曲の最後までは主人公目線だと言うことです。

かなり浮かれている主人公

冷たい雨 月曜の町
きみはひとり 車拾い シートに体をあずけ
静かに息をついてる

Aメロの「きみ」は主人公(女性)のことで、タクシーを拾って彼との待ち合わせ場所に向かっています。

今日まで 傷つけた人のことなど 想わない

Bメロで、主人公は彼と会うことで頭がいっぱいで、他人(彼の奥さん)の気持ちなんて全く考えていない状態だと言うことを語り手目線で描いています。かなり浮かれている状態ですね。

長い闇を走り抜け
あなたにもうすぐ逢える
かたい約束かわした
ふたりひとつになれるの

そしてサビの「あなた」は奥さんがいる男性のことで、待ち合わせ場所に向かっている間の主人公の気持ちが描かれています。

少し不安になってきたかも

少し飛んで2番のサビと、ギターソロ後のサビを見て見ましょう。

長い闇を走り抜け
あなたにもうすぐ逢える
心配することはないと
強く抱いてくれたから
つらいことだけすべて
雨が流してくれる
なにもかも捨てられると
涙 見せてくれたから

わざわざ「強く抱いてくれたから」「涙見せてくれたから」と描いてあるので「大丈夫だよね!逢えるよね!幸せになれるよね私たち!」と、主人公が不安な気持ちを無理矢理消し飛ばそうとしているのではないかと思います。

結末は・・・?

大サビで下記の歌詞を歌います。

長い闇を走り抜け
あなたにもうすぐ逢える
笑顔浮かべてるはず
きっといてくれるはず

そしてギターソロで盛り上がりまくった所、スッとアコギだけになり、それをバックに切ない声で稲葉さんが、こう歌います。

待ってるはず 闇の向こうに
あなたはいるはず・・・

彼が待ち合わせ場所にいたのかどうか、遂にハッキリと描かれないまま曲は終わりました。

聴き手に結末は委ねられているのですが「笑顔浮かべてるはず きっといてくれるはず 待ってるはず あなたはいるはず・・・」と、嫌な予感をプンプンさせた歌詞とアコギの音色、そして稲葉さんの歌い方からして、彼は待ち合わせ場所に来なかったのではないかと思います。

誰かを心から愛してしまうと、周りが全く見えず、色んな人を傷つけてしまいますよね・。きっとそんな人が、ハッピーエンドを迎える確率は非常に少ないのではないでしょうか。。。

「闇の雨」オススメの一節

この曲のオススメの一節はここです!

待たされる人の気持ちがわかるから
はやく行こう

2番のBメロの歌詞なのですが、ここだけで主人公が、配偶者または彼女がいる男性が相手と別れてくれるのを、ずっと待っていたことを少し皮肉っぽく表現できています!

彼を信じてずっと待ち続けていたんだから皮肉の一つや二つ言いたくなりますよね。
でも、はやく行っても彼は待ち合わせ場所には・・・・。

こんな記事もどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記の記事のことも、気にいるかもしれません。

NEVER LET YOU GO

紅い陽炎

まとめ

えもやん
えもやん
B'zの「闇の雨」の歌詞の意味の考察、いかがでしたか?

二人称が2つも出てくる難しい歌詞ですが、しっかりと読み解くと、主人公の状況や考えがしっかりと見えてきますね。

B'zの不倫・浮気曲は他にも歌詞の考察をしているので、是非読んでみてください!

-歌詞考察, 音楽
-, ,

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.