【必聴】Extreme(エクストリーム)のおすすめ曲10選

ファンク・メタルという新たなジャンルを作り上げた、天才ギターリストのヌーノ・ベッテンコート(Nuno Bettencourt)を擁するバンド、エクストリーム(Extreme)。

この記事では彼らの事をまだあまり知らない「エクストリーム初心者」のために、よくある人気曲・代表曲ランキングとは違う僕個人がオススメする曲を「ファンクメタルな曲」と「アコースティック曲」にカテゴリー分けして紹介していきますので、是非お気に入りの曲を見つけてください。

※無料でエクストリームの全アルバムを聴く方法
最近はスマホで手軽&お得に聴けるAmazon Music Unlimitedなどの定額聴き放題サービス(サブスク)が増えています。Amazon Music Unlimitedなら30日の無料体験があり、エクストリームのアルバム全て入っているのでこれで聴きまくるのもありですね。
» Amazon Music Unlimitedの無料体験はこちら

超絶オススメ

  1. Cupid's Dead←ファンクメタル
  2. Pornograffitti←ファンクメタル
  3. Midnight Express←アコースティック(インスト)

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

エクストリーム(Extreme)のファンクメタルなおすすめ7曲

Cupid's Dead

収録III Sides to Every Story(3rdアルバム / 1992年)
The Best of Extreme(ベストアルバム / 1998年)
制作作詞・作曲 - Gary Cherone / Nuno Bettencourt

ハネたドラムから入りそこから20数秒後に・・・「きたー!」と言わざるを得ないほど超絶テクニカルで艶のあるヌーノ・ベッテンコートのギターリフ!始まりから終わりまで弾きまくっているのに、ゲイリー・シェローンの歌の邪魔にならないのが不思議。。。

ファンクメタルバンドらしさ全開の曲です。

Pornograffitti

収録Pornograffitti(2ndアルバム / 1990年)
制作作詞・作曲 - Gary Cherone / Nuno Bettencourt

アルバムタイトルにもなっている曲なだけあって、いきなりテンションが高い!リフはハードロック・メタル好きを唸らせること間違いなしです。

このアルバムはバラードの名曲「More Than Words」が入ってるので、そこから聴き始めた人も多いかもしれませんが、捨て曲なしの文句なしの名盤なので是非全て聴いてみて下さい。

Cynical

収録Waiting for the Punchline(4thアルバム / 1995年)
制作作詞・作曲 - Gary Cherone / Nuno Bettencourt

解散前最後のアルバムだからか、当時流行っていたグランジ的なサウンドの影響なのかどちらか分かりませんが、以前のアルバムと比べてどことなく重い!

しかし、どんなスタイルの曲でも簡単に自分らしく歌いこなしてしまうゲイリー・シェローンのヴォーカル力は本当に凄い。解散後にヴァンヘイレンに加入するだけありますよね・・・。

No Respect

収録Waiting for the Punchline(4thアルバム / 1995年)
制作作詞・作曲 - Gary Cherone / Nuno Bettencourt

こちらは非常に珍しく、ベースラインがかなり目立つ曲なので、ファンキーなベースラインが好きな人にはおすすめです。もちろんヌーノも弾きまくりですが(笑)

個人的には「No Respect!No Respect!」とひたすら繰り返し叫ぶゲイリー・シェローンの最強ハードロックヴォイスがたまらない!

Get the Funk Out

収録Pornograffitti(2ndアルバム / 1990年)
The Best of Extreme(ベストアルバム / 1998年)
制作作詞・作曲 - Gary Cherone / Nuno Bettencourt

タイトルで察するとは思いますが、かなりファンキー!というか・・・・ハネているのに、メタルのギザギザした切れ味も併せ持っている「これぞファンクメタル」な一曲です。

中級以上のギターキッズで、この曲を練習した人は世界中に沢山いるのではないでしょうか?

Learn to Love

収録Saudades de Rock(5thアルバム / 2008年)
制作作詞・作曲 - Gary Cherone / Nuno Bettencourt / Kevin Figueiredo

Extremeは一度解散して、10年以上経ってから復活したのですが、復活後最初のアルバムが『Saudades de Rock』で、その中でも断トツでおすすめなのがこの曲

人間誰しも年をとれば丸くなるものですが、この人たちはそうではありませんでした。ゲイリーが伝説のバンド「ヴァンヘイレン」に加入したり、ヌーノはソロをやったり・・・色んな経験を経てパワーアップした彼らの魂のこもった曲です。

Little Girls

収録Extreme(1stアルバム / 1989年)
制作作詞・作曲 - Gary Cherone / Nuno Bettencourt

ファンクメタルの要素はこの曲ではまだ薄く、かなりハードロック色が強い曲です。

いきなりブルースハープの音から始まり、そのままヌーノの当たり前のようにイカしたギターリフが絡むのですが、これがめちゃくちゃ合う!!もっとブルースハープが入る曲が聴きたくなりますね。

エクストリーム(Extreme)のアコースティックなおすすめ3曲

Midnight Express

収録Waiting for the Punchline(4thアルバム / 1995年)
制作作曲 - Nuno Bettencourt

この曲はインスト曲なのですが、「ヌーノのテクやば過ぎ!!!」の一言!

特にライブ映像は必見!ギター経験者も未経験者も、観ている間は口がポカーンと開いているはず(笑)

More Than Words

収録Pornograffitti(2ndアルバム / 1990年)
制作作詞・作曲 - Gary Cherone / Nuno Bettencourt

ヌーノのギターとゲイリーの優しい歌声が胸に響く、全米1位を獲得したアコースティックバラード

Extremeは知らなくても、この曲は聴いたことがあるって人もいるくらい知名度が高いですね。ハモリもめちゃくちゃ気持ちい!

Hole Hearted

収録Pornograffitti(2ndアルバム / 1990年)
制作作詞・作曲 - Gary Cherone / Nuno Bettencourt

ジミー・ペイジの影響を強く感じるアコースティックナンバー。

どうやらヌーノはこの曲を作った当時、アコースティックな曲が多く入っている『Led Zeppelin III』をよく聴いていたそうです。納得(笑)

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

スラッシュ(Slash)

B'z

まとめ

えもやん(管理人)
えもやん(管理人)
エクストリームのオススメ曲、全7曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

今回は激しい曲ばかりを紹介しましたが、彼らの魅力はこれだけではありません。

次は「メロディアス」なオススメ曲のみを紹介したいと思いますので、そちらも是非チェックして見てください!

-必聴(洋楽編), 音楽
-, ,

Copyright© Emo Stone , 2021 All Rights Reserved.