【エモ可愛い】歌姫ヘイリー率いるParamoreのおすすめ曲10選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です。

キュートな見た目からは想像もできないほどの力強い歌声とパフォーマンスで聴衆の魂を揺さぶるヘイリー・ウィリアムス(Hayley Williams)率いるアメリカのバンド、パラモア(Paramore)。

この記事では彼女たちの事をまだあまり知らない人、つまり「パラモア初心者」のために、おすすめの10曲を紹介します。

えもやん
えもやん
その中でも特に下記の3曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. That's What You Get
  2. When It Rains
  3. Ain't It Fun

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

パラモア(Paramore)とは

出身アメリカ
結成2004年
現メンバー・Hayley William - vocals / 1988年12月27日生まれ
・Taylor York - guitar
・Zac Farro)- drums
元メンバー・Josh Farro - guitar
・Jeremy Davis - bass
リンク公式サイト
YouTubeチャンネル

ヴォーカルのヘイリーと、ファロ兄弟を中心に2004年に結成。

2005年に1stアルバム『All We Know Is Falling』でデビューしますが、このときヘイリーはまだ17才!

ヘイリーの圧倒的な歌唱力とパフォーマンス、そしてアイドル的なルックスにより、瞬く間に人気ロックバンドの仲間入りしました。

メンバー脱退による危機を乗り越えて、その音楽性を大幅に変えながらも、いまだに絶大な人気を誇ります。

パラモア(Paramore)のおすすめ10曲

That's What You Get

収録Riot!(2ndアルバム / 2007年)
制作作詞・作曲 - Hayley Williams / Josh Farro / Taylor York

歌姫ヘイリー・ウィリアムスの超パワフルな歌声が炸裂。それがキャッチーなメロディと、エモいロックサウンドに大ハマり!

もしも「ヴォーカルが女性だから」と言う理由だけで聴いてないロック好きがいるのであれば・・・損してます。ロック好きは絶対に聴いてみるべき。

When It Rains

収録Riot!(2ndアルバム / 2007年)
制作作詞・作曲 - Hayley Williams / Josh Farro / Zac Farro

「That's What You Get」とは違い、少し落ち着いたサウンドで、ヘイリーの切ない歌声がグッと胸にきます。20才にも満たない彼女がこんなにもサラッと「静」も「動」も使い分けができるなんて・・・。

ロック好きのみならず大衆にも受け入れられそうな楽曲です。

Ain't It Fun

収録Paramore(4thアルバム / 2013年)
制作作詞・作曲 - Hayley Williams / Taylor York

冒頭のキーボードループが印象的な、80年代ニューウェーブやファンクなどの影響が感じられる楽曲です。

今までのエモやポップロックの路線から変わって戸惑ったファンも多数でしたが、グラミー賞「Best Rock Song」部門を受賞するほど大衆に受け入れられました。ちなみに、1999年のアラニス・モリセット以来の女性の受賞らしいので、相当凄いことですよね・・・。

Decode

収録Brand New Eyes(3rdアルバム国際版 / 2009年)
制作作詞・作曲 - Hayley Williams / Josh Farro / Taylor York

続いては3rdアルバム『Brand New Eyes』の国際版ボーナストラックに収録されている「Decode」。

もともと映画「トワイライト」のサウンドトラックのための楽曲なので、ボーナストラック扱いですが、間違いなくこのアルバムの中で1番メロディアスで力を持っています。映画に使われるのも納得

Monster

収録Monster(配信シングル / 2011年)
Transformers: Dark of the Moon(コンピレーション/ 2011年)
制作作詞・作曲 - Hayley Williams / Taylor York

映画トランスフォーマーのサントラに収録されている楽曲です。

ジョシュとザック・ファロがいない状態での初めての楽曲なので、ファンとしては複雑な気持ちもありますが、曲自体は切ないロックで・・・シビれます。

Hallelujah

収録Riot!(2ndアルバム / 2007年)
制作作詞・作曲 - Hayley Williams / Josh Farro

こちらは2ndアルバム『Riot!』に収録の「Hallelujah」。

王道パワーバラードですが、やはり歌い手が世界トップレベルのロックヴォーカリストだと、聴いてて本当に気持ちがいい。

Careful

収録Brand New Eyes(3rdアルバム / 2009年)
制作作詞・作曲 - Hayley Williams / Josh Farro

3rdアルバム『Brand New Eyes』のオープニングを飾るナンバー。

楽器隊に負けないヘイリーのパワフルで切ない歌声が心に響きます。

Emergency

収録All We Know Is Falling(1stアルバム / 2005年)
制作作詞・作曲 - Hayley Williams / Josh Farro

デビューアルバム『All We Know Is Falling』収録の楽曲

いやベテランでしょこれ・・・と思えるほどに、この時から既に彼女たちのサウンドは確立されています。

Told You So

収録After Laughter(5thアルバム / 2017年)
制作作詞・作曲 - Hayley Williams / Taylor York

4thアルバム『Paramore』の時から始まった80年代ニューウェーブ的な楽曲です。

先に紹介した「Ain't It Fun」よりも更にファンキーポップに可愛く仕上がっていて、パラモアの未来を感じさせてくれます。何度か繰り返し聴いているとどんどんハマっていく不思議・・・。

The Only Exception

収録Brand New Eyes(3rdアルバム / 2009年)
制作作詞・作曲 - Hayley Williams / Josh Farro

グラミー賞の最優秀ポップ・パフォーマンス賞にノミネートされた楽曲。

アコギ主体の楽曲で、美しいメロディと普段とは違い優しく歌い上げるヘイリーの声に酔いしれる事ができます。

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

パパ・ローチ(Papa Roach)

セイオシン(Saosin)

ワンオクロック(ONE OK ROCK)

まとめ

えもやん
えもやん
パラモアのオススメ曲、全10曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

ビックリするほど初期とは音楽性が変わっていますが、初期は初期、今は今として聴きましょう!

ヘイリーさえいれば、彼女が歌えば、それだけでいいのですから!

-必聴(洋楽編), 音楽
-, ,

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.