【脳天直撃】Lamb of God(ラム・オブ・ゴッド)のおすすめ曲10選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です。

グルーヴィーでメタリックな最高級激重リフと、獣の様な唯一無二のシャウトをするヴォーカルの声が特徴的な、アメリカ代表のメタルバンド、ラム・オブ・ゴッド(Lamb of God)。

この記事では彼らの事をまだあまり知らない「ラム・オブ・ゴッド初心者」のために、よくある人気曲・代表曲ランキングとは違う僕個人がオススメする曲を紹介していきますので、是非お気に入りの曲を見つけてください。

※無料でラム・オブ・ゴッドのアルバムを聴く方法
最近はスマホで手軽&お得に聴けるAmazon Music Unlimitedなどの定額聴き放題サービス(サブスク)が増えています。Amazon Music Unlimitedなら30日の無料体験があり、ラム・オブ・ゴッドのアルバムは「VII: Sturm und Drang」以外全て入っているのでこれで聴きまくるのもありですね。
» Amazon Music Unlimitedの無料体験はこちら

超絶オススメ!!

  1. Redneck
  2. Now You've Got Something to Die For
  3. Set to Fail

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

ラム・オブ・ゴッド(Lamb of God)とは

1994年、前進の「Burn the Priest」というバンドを結成しましたが、ギターのウィリー加入を境に、ラム・オブ・ゴッドと改名。

パンテラ解散以降、唯一の正統派グルーヴメタルサウンドを武器に、世界中のメタルマニア達を虜にしています。

ラム・オブ・ゴッド(Lamb of God)のおすすめ10曲

Redneck

収録Sacrament(5thアルバム / 2006年)
制作作詞・作曲 - Lamb of God

なんじゃこの格好いいリフはーーーー!?」そう叫ばずにはいられないほど、メタルやハードコアなどの激しいサウンドが好きな人のツボをピンポイントでついてきます!

そして、恐ろしく独創的な咆哮で、ラム・オブ・ゴッドを引っ張るヴォーカルのランディの存在感がヤバい。完全にシャウトのみなのに、なぜかキャッチーに聴こえるのが不思議で仕方ありません。全メタルファン、必聴です。

Now You've Got Something to Die For

収録Ashes of the Wake(4thアルバム / 2004年)
制作作詞・作曲 - Lamb of God

この曲を聴いていると「Now You've Got Something to Die For!!!」とシンガロングしたくなること間違いなし。長い文章なのに、めちゃくちゃ頭に残ります。

3分5秒あたりのところなんて、特にライブで観るとブチ上がります。

Set to Fail

収録Wrath(6thアルバム / 2009年)
制作作詞・作曲 - Lamb of God

ブラストビートで始まり期待が高まっている中、直後のグルーヴィーなリフで完璧にやられます。

めちゃくちゃ重くても、音が綺麗にまとまっているので、本当に聴きやすいですね。特にバスドラの音が素晴らしい。

Ghost Walking

収録Resolution(7thアルバム / 2012年)
制作作詞・作曲 - Lamb of God

珍しくアコギから入るのですが、すぐにお待ちかねのウネリまくるリフが登場して盛り上げてくれます。

完全に彼らの様式美が出来上がっているので、安心して聴くことができますね。隙が一切ない、極上のグルーヴメタルです。

Laid to Rest

収録Ashes of the Wake(4thアルバム / 2004年)
制作作詞・作曲 - Lamb of God

テクニカルなリフの上で、低い声で語り始めるランディー・ブライ。そして・・・一気にギアをあげて地獄のデスヴォイスをかましてくれます。

中盤の「See who gives a fuck!!」からのブレイクダウンはもう・・・文句なしに素晴らしい。

Gears

収録Lamb of God(10thアルバム / 2020年)
制作作詞・作曲 - Lamb of God

ど頭のリフを聴くだけで「あっ、Lamb of Godだ」とわかるほど、節が炸裂

デビューから20年以上経っても、ファンの期待を一切裏切らない彼らのサウンドが全身に響きますね。

Ruin

収録As the Palaces Burn(3rdアルバム / 2003年)
制作作詞・作曲 - Lamb of God

グルーヴィーなハードコアメタル!‥と思いきや、2分20秒ごろから始まるギターソロからの展開が凄まじい!

個人的にはこの曲のギターソロがテクニカルで、メタル好きとしてはたまりません。

Walk with Me in Hell

収録Sacrament(5thアルバム / 2006年)
制作作詞・作曲 - Lamb of God

名盤の一曲目を飾るに相応しい、堂々としたイントロから始まるミドルテンポのナンバー!

2分30秒ごろ、ランディの「Walk with Me in Hell!!」からの流れはライブで聴くと狂うほど暴れたくなります(笑)

Black Label

収録New American Gospel(2ndアルバム / 2000年)
制作作詞・作曲 - Lamb of God

彼らのサウンドはデビューしてからずっと攻撃的ですが、初期の曲はやはり若いせいか、群を抜いて凶暴

ちなみにこの曲は「Burn the Priest」から「Lamb of God」へ改名してから、最初のアルバムの代表曲です。

Still Echoes

収録VII: Sturm und Drang(8thアルバム / 2015年)
制作作詞・作曲 - Lamb of God

ライブ中に起きた死亡事故により、ヴォーカルのランディが2ヶ月ほど拘留されたプラハの刑務所の闇に触れた楽曲。

そのせいか、いつも以上にダークで、重く激しく聴こえます。

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

パンテラ(Pantera)

アーキテクツ(Architects)

マッドヴェイン(Mudvayne)

まとめ

えもやん(管理人)
えもやん(管理人)
ラム・オブ・ゴッドのオススメ曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

メロディ一切なしのバンドとしては、ここ日本でも異例の人気を見せる、ラム・オブ・ゴッド。

そのサウンドにしっかりと耳を傾けると、ただ激しいだけのバンドではないと言うことがわかるはずです!
一度暴れるのをグッと堪えて、じっくりと聴いてみてください!

-必聴(洋楽編), 音楽
-

Copyright© Emo Stone , 2021 All Rights Reserved.