【脳天直撃グルーヴメタル】Lamb of Godのおすすめ曲7選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です!!

グルーヴィーでメタリックな最高級激重リフと、獣の様な唯一無二のシャウトをするヴォーカルの声が特徴的な、アメリカ代表のメタルバンド、ラム・オブ・ゴッド(Lamb of God)!

この記事では彼らの事をまだあまり知らない人、つまり「ラム・オブ・ゴッド初心者」のためにおすすめ曲を7曲紹介します!

えもやん
えもやん
その中でも特に下記の3曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. Redneck
  2. Set to Fail
  3. Ghost Walking

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

ラム・オブ・ゴッド(Lamb of God)とは

1994年、前進の「Burn the Priest」というバンドを結成しましたが、ギターのウィリー加入を境に、ラム・オブ・ゴッドと改名。

パンテラ解散以降、唯一の正統派グルーヴメタルサウンドを武器に、世界中のメタルマニア達を虜にしています。

ラム・オブ・ゴッド(Lamb of God)のおすすめ7曲

Redneck

収録Sacrament
リリース年2006年
動画YouTubeで検索

まず最初に紹介するのは、5thアルバム『Sacrament』収録のキラーチューン「Redneck」です!

なんじゃこの格好いいリフはーーーー!?
そう叫ばずにはいられないほど、メタルやハードコアなどの激しいサウンドが好きな人のツボをピンポイントでついてきます!

そして、恐ろしく独創的な咆哮で、ラム・オブ・ゴッドを引っ張るヴォーカルのランディの存在感がヤバい!
完全にシャウトのみなのに、なぜかキャッチーに聴こえるのが不思議で仕方ありません!
全メタルファン、必聴です!!

Set to Fail

収録Wrath
リリース年2009年
動画YouTubeで検索

続いて紹介するのは6thアルバム『Wrath』に収録の「Set to Fail」!

ブラストビートで始まり期待が高まっている中、直後のグルーヴィーなリフで完璧にやられます!

めちゃくちゃ重くても、音が綺麗にまとまっているので、本当に聴きやすいですね!
特にバスドラの音が素晴らしい!!

Ghost Walking

収録Resolution
リリース年2012年
動画YouTubeで検索

こちらは7thアルバム『Resolution』に収録されている一曲「Ghost Walking」です!

珍しくアコギから入るのですが、すぐにお待ちかねのウネリまくるリフが登場して盛り上げてくれます!

完全に彼らの様式美が出来上がっているので、安心して聴くことができますね!
隙が一切ない、極上のグルーヴメタルです!!

Contractor

収録Wrath
リリース年2009年
動画YouTubeで検索

続いては6thアルバム『Wrath』に収録されている「Contractor」!

パンテラの「Fucking Hostile」を彷彿とさせる、スラッシュメタルとハードコアを足した様なとんでもなく攻撃的な曲です!

1分半近くになるとブレイクダウンでゆっくりになるのですが、2分半頃になると再加速!
この緩急がやば過ぎて頭がおかしくなります!

Now You've Got Something to Die For

収録Ashes of the Wake
リリース年2004年
動画YouTubeで検索

こちらは4thアルバム『Ashes of the Wake』に収録されている「Now You've Got Something to Die For」です!

この曲を聴いていると「Now You've Got Something to Die For!!!」とシンガロングしたくなること間違いなし!!!

長い文章なのに、めちゃくちゃ頭に残ります!

Still Echoes

収録VII: Sturm und Drang
リリース年2015年
動画YouTubeで検索

続いて紹介するのは8thアルバム『VII: Sturm und Drang』に収録されている「Still Echoes」!

ライブ中に起きた死亡事故により、ヴォーカルのランディが2ヶ月ほど拘留されたプラハの刑務所の闇に触れた楽曲!

そのせいか、いつも以上にダークで、重く激しく聴こえます!

Laid to Rest

収録Ashes of the Wake
リリース年2004年
動画YouTubeで検索

最後に紹介するのは4thアルバム『Ashes of the Wake』収録の「Laid to Rest」!

テクニカルなリフの上で、低い声で語り始めるランディー・ブライ。
そして・・・一気にギアをあげて地獄のデスヴォイスをかましてくれます!

中盤の「See who gives a fuck!!」からのブレイクダウンはもう・・・文句なしに素晴らしい!!

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

パンテラ(Pantera)

アーキテクツ(Architects)

マッドヴェイン(Mudvayne)

まとめ

えもやん
えもやん
ラム・オブ・ゴッドのオススメ曲、全7曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

メロディ一切なしのバンドとしては、ここ日本でも異例の人気を見せる、ラム・オブ・ゴッド。

そのサウンドにしっかりと耳を傾けると、ただ激しいだけのバンドではないと言うことがわかるはずです!
一度暴れるのをグッと堪えて、じっくりと聴いてみてください!

-必聴(洋楽編), 音楽
-

Copyright© Emo Stone , 2020 All Rights Reserved.