【メロディセンスの塊】広沢タダシのおすすめ曲10選

こんにちは、えもやん(@emoyan_stone)です。

自身が歌う曲だけでなく、SMAPなど様々なアーティストへの楽曲制作も積極的に行なっているシンガーソングライター、広沢タダシ。

この記事では彼の事をまだあまり知らない人、つまり「広沢タダシ初心者」のためにおすすめ曲を10曲紹介します。

えもやん(管理人)
えもやん(管理人)
その中でも特に下記の3曲は超絶オススメなので、とりあえずこれだけでも聴いてみて下さい!

超絶オススメ!!

  1. ブルー
  2. 雷鳴
  3. 虹のつづき

↑曲名をクリックするとその項目までジャンプします

スポンサーリンク

広沢タダシとは

大阪府八尾市出身のシンガーソングライター。

1999年にインディーズでリリースされた『シロイケムリ』が大阪で話題になり、2001年に『手のなるほうへ』でメジャーデビューしました。

クラシックギタリストの父と、ピアニストの母の間に生まれ、小さい頃から人一倍音楽に慣れ親しんでいたそうです。きっとその環境も、数々の名曲を生み出すメロディメイカーとしての才能の開花への手助けをしていたのでしょう!

広沢タダシのおすすめ10曲

ブルー

収録理想郷(2ndアルバム / 2003年)

あの亀田誠治さんプロデュースの2ndアルバム『理想郷』に収録されている、名曲「ブルー」。Aメロから最後まで、余すことなく全部素敵なメロディ。今からでもいいから、TVやCMで使って欲しい。。。そして色んな人に聴いて欲しい。。。そう強く思えるほど本当にいい曲。

切ない恋の終わりを歌っているようなのに、どこかポジティブに聴こえる歌詞にも引き込まれます。歌詞もいいんですよね広沢タダシさんは・・・。

雷鳴

収録雷鳴(5thアルバム / 2010年)
動画YouTubeで検索

アコギファンクの名曲!中島卓偉というミュージシャンのライブDVDを買ったら、ゲストとして出演してこの曲を演奏していたんですけど、アコギで弾くファンキーなカッティングとその歌声に魅了されて一発でファンになりました。

リフの恰好良さとサビの覚えやすさから、個人的には、こんなファンキーな曲をまた作って欲しい。

虹のつづき

収録アイヲシル(4thアルバム / 2007年)

はい、でました。文句なしのバラードの名曲。曲が進むにつれて、歌も演奏もどんどん熱を帯びて行き、最後のサビを聴く頃には涙腺が緩んでしまうこと間違いなし。

何かに疲れてしまったときに聴くと、きっと歌詞も心にジワーっと染み込んでくるはず。

悲しみのぬけがら

収録理想郷(2ndアルバム / 2003年)

歯切れのいいアコギのカッティングと、怪しく癖になるサビのメロディにハマってしまう人続出。

叫んだりせずに、淡々と歌っているのに、全編通してビリビリ緊張感満載の曲になっているのが素晴らしい。ロック好きな人に特におすすめ。

遠い記憶


↑再生ボタンを押すと、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録アイヲシル(4thアルバム / 2007年)
動画YouTubeで検索

ピアノだけで歌い上げる広沢タダシさんの歌声にただただ聴き惚れるのみ(上の視聴はLiveバージョンでピアノではありませんが・・・)。

割と淡々と歌っているはずなのに、なんでこの人の歌声はこんなに心にグッと来るんだろうか・・・。

あたたかい季節


↑再生ボタンを押すと、すぐに曲が流れますのでご注意ください。

収録ジャメヴ(6thアルバム / 2011年)
動画YouTubeで検索

「冷たい季節が好きだ あなたと近づけるから」サビのこのフレーズを聴くだけで、心がポカポカしてくるのは僕だけでしょうか・・・?

暖かいギターのサウンドと歌声が魅力的なこの曲を、寒い冬に是非聴いて欲しい

Ride on music

収録月の指揮者(8thアルバム / 2014年)

Jazzテイスト満載で、とにかくオシャレな「Ride on music」。

しかしただオシャレなだけじゃなく、メロディは日本人が好みそうなメロディで仕上げてくるのが、天才メロディメイカー広沢タダシのすごいところ。「音楽」への想いや感謝を書いた歌詞にも注目。

ふわふわ

収録月の指揮者(8thアルバム / 2014年)

別れた彼女のこと歌うミドルテンポの良曲。

なんどもこの記事内で「淡々と歌って」っていう言葉がでてきてると思うけど、この曲でもやっぱり広沢タダシさんは淡々と歌っています。なのに・・・・なんでだろう、最後まで聴くと感情が揺さぶられるんですよね。

サフランの花火

収録月の指揮者(8thアルバム / 2014年)

広沢タダシといえば「サフランの花火」というほどの名曲。昔からファンの間で超絶愛されてきた曲で、ライブでは欠かせない曲。

部活や勉強を頑張っている学生にも、仕事を頑張っている人たちにも響くであろう熱い歌詞がたまらない(ガンバ大阪のオフィシャル映像に使われたけど、物凄くマッチしてましたね)。

生きてる心地

収録月の指揮者(8thアルバム / 2014年)

良曲揃いの名盤『月の指揮者』のラストを飾る「生きてる心地」。全体的に大人なアルバム『月の指揮者』を、色気のある大人の包容力をもって優しく締めてくれています。

「君といるだけで 生きてる心地さ」こんなセリフを優しい歌声で素敵なメロディに乗せて歌うんだから、たまりませんよ。

こんなアーティストもどうでしょう

この記事を読んだ人は、もしかしたら下記アーティストのことも、気にいるかもしれません!

Nakamuraemi

アコギ主体のバンドサウンドに乗って力強く歌う女性シンガーソングライター。

HIPHOPやレゲエの影響を感じる独特な歌い方にハマります!

まとめ

えもやん(管理人)
えもやん(管理人)
広沢タダシさんのオススメ曲、全10曲紹介してきましたけど、いかがでしたか?

少しでも気に入ってもらえたら、是非ライブにも足を運んでみてください。

バンド形態でのライブもいいけど、アコギの弾き語りライブもたまらないので・・・どちらもオススメです(笑)

-必聴(邦楽編), 音楽
-,

Copyright© Emo Stone , 2021 All Rights Reserved.